• ホーム
  • 芸能
  • 土屋アンナ、結審でファンに感謝「温かい励ましの言葉が支えになりました」

土屋アンナ、結審でファンに感謝「温かい励ましの言葉が支えになりました」

 モデルで歌手の土屋アンナ(31)が27日、公式サイトを更新し「みんなからの温かい励ましの言葉が支えになりました」と感謝の言葉をつづった。

 土屋は、主演舞台『誓い〜奇跡のシンガー』をドタキャン降板して上演を中止に追い込んだとして、舞台をプロデュースした演出家の甲斐智陽氏(64)から約3000万円の損害賠償を求められていたが、25日に東京地裁で開かれた判決で甲斐氏の請求は棄却。土屋の全面勝訴が言い渡された。

 土屋はサイトを通じて「もうニュースで知っていると思うけど、一昨日裁判が結審しました」と改めて報告。「2年半にもわたる長い間、本当に心配をかけてしまったけど、みんなからの温かい励ましの言葉が支えになりました」と感謝し「これからも今まで以上に頑張るので、応援よろしく!」と呼びかけている。



オリコントピックス