• ホーム
  • 芸能
  • 美輪明宏、子ども番組初登場 Eテレ『にほんごであそぼ』新キャラクターに

美輪明宏、子ども番組初登場 Eテレ『にほんごであそぼ』新キャラクターに

 歌手の美輪明宏が、NHK・Eテレの子ども番組『にほんごであそぼ』(月〜金 前6:45〜6:55※同日 後5:10〜5:20再放送)に、4月から新キャラクターとして登場することがわかった。美輪が演じるのはキャラクター化された太陽、英語で「sun」、なので「みわサン」。子どもたちに名文を届け、大人にも御利益のある(?)一言をつぶやいてくれる。

 子どもたちに日本語の魅力を伝えて14年目に突入する同番組。監修を務める明治大学の齋藤孝教授から「より一層日本語の魅力を深く楽しく伝えてもらえるセンター的な存在」として、美輪に出演オファーがあったという。

 「百人一首を一句、詠んでいただければそれで結構です、と言うことだったので、それだったらお手伝いできるなと思って『はいはい』と二つ返事三つ返事でお返事しましたら、まぁなんとずっ〜と、顔まで出るということでいろいろ注文の多いレストランっていうんでしょうかね、なんだかそんな風になりましてね。これは謀(はか)られた!と思いました」と冗談まじりに話した美輪。

 本音は、同局の子ども番組が「大好き」で、「世の中で本当に大好きなのは赤ちゃんと小さい幼い子どもさんなんです。一緒にお勉強できるのはとってもうれしいんです」と喜んでいる。

 齋藤教授は「美輪さんの日本語への深い愛と変幻自在の表現は、子どもたちの心を日々豊かにしてくれると確信しています。あの唯一無二の声をはじめ、美輪さんは日本語の素晴らしさを体現する存在です。番組の太陽として、日本の子どもたちを『にほんごの光』で照らしてくれるのを今から楽しみにしています」と期待を寄せた。



関連写真

  • NHK・Eテレ『にほんごであそぼ』で4月から美輪明宏が演じる新キャラクター「みわサン」が登場(齋藤教授の出演はなし)(C)NHK
  • 子ども番組初登場の美輪明宏
  • 監修を務める齋藤孝氏(明治大学教授)
タグ

オリコントピックス