• ホーム
  • 芸能
  • 指原莉乃、乃木坂ファンから「罵声浴びせられて」 4年前のトラウマ告白

指原莉乃、乃木坂ファンから「罵声浴びせられて」 4年前のトラウマ告白

 HKT48指原莉乃が25日、自身のツイッターを更新。約4年前にCDの同日発売で対決したアイドルグループ・乃木坂46とイベントで共演し、「雪解け」したことを報告した。

 2012年5月2日、指原のソロデビューシングル「それでも好きだよ」と乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」が同日発売のガチンコ対決を行い、乃木坂が勝利。発売前からお互いに「オリコン1位」を目標に掲げ前哨戦を繰り広げてきたが、同月12日には両者の健闘を称えつつ対決の終焉を宣言するという調印式イベントが開催された。

 それから約4年の時間が過ぎ、きょう25日に開催されたイベント『GUM ROCK FES. In 日本武道館』で乃木坂と指原率いるHKTが共演。イベント後、指原は「乃木坂ファンの皆さんがメロンジュースの時に緑サイリウムにしてくれたのがとても嬉しかった」と喜びつつ、「今だから話せる」エピソードとして「四年前?の幕張宣言イベントで罵声を浴びせられて以来怖かったのですが」と、当時の苦い思い出を告白した。

 この日は乃木坂ファンからも応援され「雪解け 嬉しかったです!」と喜ぶ指原に、ファンからは「莉乃ちゃんが頑張ってきた成果だね」「それだけメロンジュースが浸透してるのね!」と、これまでの指原の活動を評価する声が寄せられている。



オリコントピックス