• ホーム
  • 芸能
  • 欧陽菲菲のめい、Nanaが日本デビュー “天才超絶美少女”で注目

欧陽菲菲のめい、Nanaが日本デビュー “天才超絶美少女”で注目

 台湾で“天才超絶美少女”として注目を集める15歳のチェロ奏者・Nana(ナナ)が日本デビューすることが25日、わかった。4月6日にアルバム『Nana 15』を発売する。

 米・フィラデルフィアの超名門音楽学校「カーティス音楽院」に史上最年少の13歳で入学し、全額奨学金を取得するNanaは、父が台北市の市会議員、母が女優、そして伯母が、名曲「雨の御堂筋」や「ラヴ・イズ・オーヴァー」で知られる歌手・欧陽菲菲という才能豊かな家系に生まれたサラブレットだ。

 チェロを始めたのは6歳で、10歳にして台湾の18都市40以上のコンサートを成功させ、12歳で台湾のチェロ・コンテストで1位を獲得。昨年12月には中国・香港・台湾同時にアルバム『Nana 15』でCDデビューし、中国のクラシック・チャート1位を獲得し、全ジャンルの総合チャートでも12位を記録した。

 その美しいルックスを生かし、チェリストとしての活動のみならず、女優としても活躍するNana。2014年には中国映画『北京愛情故事(Beijing Love Story)」出演。その後「国民の妹(国民に一番愛される存在)」と呼ばれるようになり、ネット上では「パーフェクトな超絶美少女!」と注目を集めた。

 日本デビューアルバムには、伯母が歌って大ヒットした「ラヴ・イズ・オーヴァー」も収録。また2月にはプロモーション来日を実施し、同月4日には日本で初めてのマスコミ向けコンサートを東京・渋谷の白寿ホールで行うことが決定している。



関連写真

  • 4月に日本デビューする15歳の美少女チェリスト・Nana
  • 母は台湾の女優。欧陽菲菲のめいでもあるNana
  • 昨年12月に中国・香港・台湾同時にアルバム『Nana 15』でCDデビュー

オリコントピックス