• ホーム
  • 芸能
  • 辰吉丈一郎、本音は「さっさと辞めたい」 世界王者まで引退おあずけ

辰吉丈一郎、本音は「さっさと辞めたい」 世界王者まで引退おあずけ

 プロボクサーの辰吉丈一郎選手がこのほど、自身のドキュメンタリー映画『ジョーのあした』公開記念特番の収録に参加。同番組MCの関根勤から「辰吉さんは、ボクシング界を引っ張っていった、歴史上の中でも数えるほどのカリスマ」と絶賛され「いやいや、そんなこと言わんといてください…」と謙そんした。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『どついたるねん』や『北のカナリアたち』などを手がけた阪本順治監督が、辰吉選手を20年にわたり取材して完成させたドキュメンタリー映画。20代から現在に至るまでの辰吉選手が、当時の心境を語るインタビュー映像を中心に構成されている。

 辰吉選手は、密着が長期にわたるとは想像してなかったといい「率直な意見で申し訳ないけど『しつこく撮ってるなぁ。何が、楽しいんかいな?』と思ってました」と本音をポツリ。映画の感想を聞かれるも「それも同じで『もっと、することあるやろ?』というね…」と“ジョー節”全開で沸かせた。

 今後の目標について話題が及ぶと「そんな突然聞かれても…」と困惑しつつも「いつもどおり、練習して走っての繰り返しです」ときっぱり。「僕には、世界チャンピオンになったまま引退するという目標がある。僕もさっさと辞めたいですけど、自分の決めた道があるので、それを達成せんことにはやめられない。自分の人生は一回しかないから」と力を込めていた。

 同番組には辰吉選手・関根のほか、昨年現役を引退した元プロ野球選手の山本昌氏、元プロボクサーの飯田覚士氏も出演。日本映画専門チャンネルで、2月11日の午後9時から放送される。



関連写真

  • 引退について言及する辰吉丈一郎 (C)ORICON NewS inc.
  • ドキュメンタリー映画『ジョーのあした』公開記念特番の収録に参加した(左から)関根勤、辰吉丈一郎、山本昌氏、飯田覚士氏 (C)ORICON NewS in
  • ドキュメンタリー映画『ジョーのあした』公開記念特番の収録に参加した関根勤 (C)ORICON NewS inc.
  • ドキュメンタリー映画『ジョーのあした』公開記念特番の収録に参加した山本昌氏 (C)ORICON NewS inc.
  • ドキュメンタリー映画『ジョーのあした』公開記念特番の収録に参加した飯田覚士氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス