• ホーム
  • 芸能
  • 加藤綾子アナ『めざまし』卒業を笑顔で生報告 4月末でフジ退社

加藤綾子アナ『めざまし』卒業を笑顔で生報告 4月末でフジ退社

 加藤綾子アナウンサー(30)が22日、司会を務めるフジテレビ系『めざましテレビ』(月〜金 前5:25)に出演し、4月1日をもって同番組を卒業することを生報告。また、番組放送後には同局を通じて、4月末日に同社を退社することも発表した。

 番組終盤に同じく司会を務める三宅正治アナウンサーから「ここで番組からお知らせです。加藤綾子キャスターが4月1日をもってめざましテレビを卒業させていただきます」と報告。

 加藤アナも「皆様にご報告させていただきます。入社した2008年からめざましテレビを担当させていただきまして、2011年10月から毎日出演させていただいたこの番組をこのたび離れることになりました。あと2ヶ月ちょっと4月1日まではこれまで通り頑張りますので、皆さんこれからもどうぞよろしくお願いいたします」と笑顔であいさつした。

 加藤アナの言葉を受け三宅アナも「ね! やっぱりさみしい気持ちのほうが強くなりますけど、あと2ヶ月ちょっと一日一日を大事に頑張っていきましょう!」と声をかけると、加藤アナも両手でガッツポーズを見せ「頑張ります」と笑顔で一礼した。

 また、番組放送後に同局を通じてコメントを発表した。

以下コメント全文

「本日、番組内でもご報告させて頂きましたが、この度、『めざましテレビ』を卒業することになりました。
毎日笑顔が溢れ、家族のような『めざましファミリー』から卒業することは、とても残念ですが、今が一番納得のいく時期だと感じております。
入社してから7年半、早起きの生活を続け、仕事を中心に生活してまいりました。
それこそが生きがいで、誰かに必要として頂けたことがとても嬉しく、少しでも力になりたい、そんな思いで8年間走り続けてまいりました。
何もできない私に様々なチャンスを与えて下さり、温かく見守ってくれた視聴者のみなさま、番組スタッフ、そしてフジテレビに心から感謝しております。
この気持を胸に精一杯頑張ろうと努めてまいりましたが、ここで少しゆっくりと日常を歩んでいきたいと思いました。これからは、在籍中に培った経験をもとに新しい道を切り開いていきたいと考えております。
引き続き担当させて頂く番組もありますので、今後ともよろしくお願いいたします」

■加藤綾子(かとう・あやこ) 
1985年4月23日、埼玉県生まれ。
2008年国立音楽大学卒業。同年、4月フジテレビに入社。
入社以来、『めざにゅ〜』、『めざましどようび』、『カトパン』などの出演を経て、2010年4月に『めざましテレビ』キャスターに就任(2012年4月からはMC)。現在は『めざましテレビ』のほかに『ホンマでっか!?TV』、『有吉のニッポン元気プロジェクト お〜い!ひろいき村』などに出演中。



オリコントピックス