• ホーム
  • 映画
  • BB-8ファン必見! 『スター・ウォーズ』本編映像WEBで公開

BB-8ファン必見! 『スター・ウォーズ』本編映像WEBで公開

 公開されるまで、映画の内容については徹底した秘密主義を貫いていた映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』。昨年12月18日の公開以来、日本、そして全世界で大ヒットをしたことを受けて、本作で最も注目を集めるキャラクター、球状ドロイド「BB-8」とヒロイン・レイ(デイジー・リドリー)が出会うシーンの本編映像がWEBで公開された。

 映像は、廃品回収業者に捕らえられたBB-8をレイが助け、街への行き方を案内するシーン。しかし、なぜか助けてくれたレイになついて(!?)しまったBB-8は、彼女について行こうとする。「ついて来ないで!」と一蹴するレイだが、一生懸命お願いしたり、落ち込んで見せたりと必死の交渉。その仕草がキュートすぎてレイも渋々ながらOKをしてしまうのだ。

 この砂漠での出会いのシーンは、公開後、多くの鑑賞者から「BB-8 がかわいすぎる」と大きな反響があり、中でもレイにOKをもらった後のBB-8 の(“ウェーーーーーーーイ!!”)というリアクションと、彼女を見つめながらピッタリと横を歩く姿にメロメロになってしまう人が続出。観る者の心をわしづかみにする“モテ仕草”が凝縮されたシーンを手元のスマートフォンやパソコンで繰り返し観ることができる(映画館の大きなスクリーンでも観たくなる?)。なお、映像は吹替版となっており、レイ役は永宝千晶が担当している。

 同映画は、全米&全英の興行新記録を打ち立てたほか、全世界の興行収入は公開から1ヶ月を待たずして『アバター』『タイタニック』に次ぐ歴代3位にランクインするなど歴史的大ヒットを打ち立てている。日本での興収もすでに90億円を突破し、100億円突破も目前に迫っている。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(公開中)で観客の心をわしづかみ。誰よりも愛きょうのある球状ドロイド「BB-8」の本編映像をWEBで公開(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
  • 廃品回収業者に捕らわれていた「BB-8」をレイが助ける(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
  • 物語の重要なカギを握るBB-8。レイになついてしまったのも意味がある!?(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

オリコントピックス