タカ&ユージ、道頓堀登場に4000人が熱狂

俳優・舘ひろし柴田恭兵が21日、大阪・道頓堀で行われた映画『さらば あぶない刑事』公開直前プレミアムイベントに出席。“あぶ刑事”仕様に装飾された全長18メートルのスタイリッシュな船に乗り、10年ぶりに来阪した舘と柴田が登場すると、約4000人のファンを熱狂させた。

【写真】その他の写真を見る


ファンも2人のトレードマークでもあるサングラス姿で待ち構え、姿を見えるとシリーズ最終作の本作で定年を迎えた2人を労う声や、反対に「タカ!ユージ! やめないで!」と、終わりを惜しむ声が飛び交う。大きな盛り上がりを見せるなか、「あぶ刑事ベイビー!イェーイ!」(舘)、「10年ぶりだぜイェーイ!」(柴田)と熱く叫びながらイベントがスタートした。

テレビシリーズから30年間タカとユージを演じ、劇場版第7弾にして最終作の本作を迎えた気持ちを聞かれた舘は「もっとやりたいこともあったけど、本当にやり切った感じがしています!」とスッキリとした表情。

舘のバイクアクションや柴田の全力疾走も見どころ。10年ぶりにバイクに乗ったという舘が「5、6回で(感覚が)戻ってきました」と言うと、柴田は「実は(舘さんのバイク)補助輪が付いてるんですよ。CGで消してるんです(笑)」と笑わせる。逆に舘は柴田の全力疾走に対し、「今日は恭サマが道頓堀の水の上を走ります(笑)」と振ると、柴田が走るポーズで応えるなど、劇中の様な掛け合いで沸かせていた。

 同作は、シリーズの完結編。定年を目前にしたタカとユージの刑事コンビが、日本進出をもくろむ中南米マフィアを相手に壮絶な戦いを繰り広げる。30日公開。



関連写真

  • 『さらば あぶない刑事』公開直前プレミアイベントの模様。ファンもサングラス姿で集結した
  • 熱烈な歓迎に応える2人
  • 『さらば あぶない刑事』公開直前プレミアイベントの模様

オリコントピックス