ダイヤモンドが輝く 約2億5千万円のギブソンギター

 1万1441個・401.15カラットのダイヤモンドと18金ホワイトゴールドで装飾された約2億5千万円(200万米ドル)のギターが、東京ビッグサイト(東京・江東区)で開催中の『国際宝飾展』で披露されている。

 ジュエリーブランド「CORONET(コロネ)」のブースに展示された同ギターは、同社とギターブランド・ギブソンなどがコラボレーションして制作された非売品で、昨年3月に「最も価値のあるギター」としてギネスにも認定された。18金ゴールドだけで約1.6キロにもなるが、2015年にはマイケル・ジャクソンの兄であるジャーメイン・ジャクソンがロンドンのハイドパークで行ったライブで使用している。

 日本最大のジュエリー展示会である同展ではそのほかにも、女優・石原さとみが着用したこともあるという桜の花が中央に映し出されるカッティング“さくらダイヤモンド”で作られた約2億円のダイヤモンドネックレスや、大地真央がプロデュースしたジュエリーなども披露された。



関連写真

  • 401.15カラットのダイヤモンドと1.6キロの18金ホワイトゴールドで装飾された、約2億5千万円のギブソンギター (C)oricon ME inc.
  • 401.15カラットのダイヤモンドと1.6キロの18金ホワイトゴールドで装飾された、約2億5千万円のギブソンギター。ねっど部分にもダイヤモンドが… (C)oricon ME inc.
  • 401.15カラットのダイヤモンドと1.6キロの18金ホワイトゴールドで装飾された、約2億5千万円のギブソンギター (C)oricon ME inc.

オリコントピックス