• ホーム
  • 音楽
  • HY、ラブソングで遠藤憲一の“年の差愛”を応援 『お義父さんと呼ばせて』

HY、ラブソングで遠藤憲一の“年の差愛”を応援 『お義父さんと呼ばせて』

 男女5人組バンド・HYの新曲「極愛(ごくあい)」をオープニングテーマ曲に起用した関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父(とう)さんと呼ばせて』(毎週火曜 後10:00)が、きょう19日よりスタートする。

 ドラマの初回放送をもってオンエア解禁としたため、どんな楽曲なのか、楽しみにしているファンもいることだろう。ひと足先に楽曲を聴いた主演の遠藤憲一から届いた感想コメントを紹介する。

 「どうしようもないほどにあふれ出す気持ちを歌っていて、ガツンときます。いろんな愛の歌があるけど、どストレートに愛する気持ちを歌いきっていて清々しい! ドラマのオープニングにかかるので、これから何かが起きそうでワクワクした気持ちになりました!」と絶賛している。

 作詞・作曲を担当したHYの新里英之は、「ドラマの恋愛事情も、世の中の恋愛事情も思いもよらない恋愛の形がさまざまあるけど、共通しているのは、本気で人を好きになってしまったらもう止められない。人生の中で心をいちばん動かす事ってその瞬間かも知れない。だから好きになったら、とことん愛しあって心で感じあって欲しい。そんな思いを込めて作りました」と歌に込めた思いを語っている。

 同曲は、3月16日発売のライブDVD&Blu-ray『LOVE & SMILE 〜Let’s walk with you〜』初回限定盤の特典CDに収録される予定。

 ドラマは、23歳理系女子のヒロイン・花澤美蘭(蓮佛美沙子)が、28歳年上の恋人・大道寺保(遠藤)との結婚を決意。家族に紹介したところ、偶然にも保と同じ51歳の父・紀一郎(渡部篤郎)が猛反対。同い年の“彼氏”と“お父さん”が巻き起こす仁義なきバトルをコミカルに描く。遠藤と渡部のダブル主演となっている。



オリコントピックス