• ホーム
  • 芸能
  • 第154回「芥川賞」に滝口悠生氏&本谷有希子氏

第154回「芥川賞」に滝口悠生氏&本谷有希子氏

 日本文学振興会は19日、『第154回芥川賞・直木賞(平成27年度下半期)』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川龍之介賞に滝口悠生氏『死んでいない者』と本谷有希子氏『異類婚姻譚』を選出した。滝口氏は2度目のノミネートで受賞、本谷氏は4度目の候補で受賞を決めた。

【写真】その他の写真を見る


 滝口氏は1982年東京都生まれ。埼玉育ち。2011年『楽器』で第43回新潮新人賞を受賞してデビュー。15年『愛と人生』で第37回野間文芸新人賞受賞。芥川賞はお笑いコンビ・ピース又吉直樹羽田圭介氏が受賞した第153回で『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』が候補作となっていた。

 本谷氏は1979年石川県生まれ。2000年より「劇団、本谷有希子」を主宰、作・演出を手掛ける。07年『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を受賞。09年『幸せ最高ありがとうマジで!』で第53回岸田國士戯曲賞を受賞。11年小説『ぬるい毒』で第33回野間文芸新人賞、13年『嵐のピクニック』で第7回大江健三郎賞、14年『自分を好きになる方法』で第27回三島由紀夫賞を受賞。芥川賞は第135回の『生きてるだけで、愛』、第141回の『あの子の考えることは変』、第145回の『ぬるい毒』で候補作となり、4度目のノミネートで念願の受賞となった。『第18回三島由紀夫賞』候補となった「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」は佐藤江梨子主演で映画化された。石川県出身者の受賞は今回が初めて。

 芥川賞・直木賞は1935(昭和10)年に制定。芥川賞は新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌(同)・単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品の中から優れた作品に贈られる。前者は主に無名・新進作家、後者は無名・新進・中堅作家が対象となる。

 前回(第153回)は、お笑いコンビ・ピース又吉直樹の『火花』と羽田圭介氏の『スクラップ・アンド・ビルド』の2作、直木賞は東山彰良氏の『流』が受賞した。

 候補作は以下の通り(敬称略・作者名五十音順)。

■第154回芥川龍之介賞 候補作(掲載誌)/ノミネート回数

石田千『家へ』(群像7月号)/3回目
上田岳弘『異郷の友人』(新潮12月号)/2回目
加藤秀行『シェア』(文學界10月号)/初
滝口悠生『死んでいない者』(文學界12月号)/2回目
松波太郎『ホモサピエンスの瞬間』(文學界10月号)/3回目
本谷有希子『異類婚姻譚』(群像11月号)/4回目



関連写真

  • 第154回芥川賞を受賞した本谷有希子氏
  • 第154回芥川賞を受賞した滝口悠生氏
  • 第154回芥川賞候補作 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス