• ホーム
  • 映画
  • 蒼井優、「先生」扱いにご満悦 山田洋次監督作品の“原案”

蒼井優、「先生」扱いにご満悦 山田洋次監督作品の“原案”

 女優・蒼井優が19日、都内で行われた映画『家族はつらいよ』(3月12日公開)完成報告会見に出席した。13年に公開された山田洋次監督による『東京家族』で一家を演じた8人のキャストが再集結し、結婚50周年を迎える夫婦に起きた突然の離婚騒動を喜劇として描く同作。山田監督は「彼女(蒼井)が僕に話してくれたエピソードから来てる」と告白した。

【写真】その他の写真を見る


 そのエピソードとは物語で描かれる熟年離婚騒動の導入部となる、夫が妻の誕生日プレゼントをなにがいいか聞くと「離婚届がほしい」と言われたというもの。「彼女の知り合いにそういう人がいたと。その話を聞いてびっくりして申し訳ないけど大笑いして、『まてよ、そこから始まる映画ができるんじゃないか』」と着想を得た山田監督。続けて「本当は原案・蒼井優にしなきゃいけないんだけど」と笑わせた。

 『東京家族』の撮影時に「『崩壊家族』とか『脱線家族』とか別の話を妄想してストーリーをつくったり、笑いながら話したことが映画になった」と紹介する蒼井だが、共演の橋爪功は「とにかく蒼井優が原案」とキッパリ。「さっき楽屋で蒼井優が『これから私を先生と呼んで』と言ってて開いた口がふさがらなかった」と暴露した。

 慌てて蒼井が「私というより友人の話なので私が原案というわけではないです」と恐縮するも山田監督から「あなたが興味を持ってその話を覚えてたわけだから」とフォローされると「じゃあ、先生で…」となんだかんだでご満悦の様子だった。このほか、吉行和子西村雅彦中嶋朋子林家正蔵妻夫木聡が登壇した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 「先生」呼びにご満悦の様子だった蒼井優 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)西村雅彦、蒼井優、妻夫木聡、山田洋次監督、橋爪功、吉行和子、中嶋朋子、林家正蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族はつらいよ』完成報告会見に出席した妻夫木聡 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族はつらいよ』完成報告会見に出席した山田洋次監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族はつらいよ』完成報告会見に出席した橋爪功 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族はつらいよ』完成報告会見に出席した吉行和子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族はつらいよ』完成報告会見に出席した中嶋朋子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族はつらいよ』完成報告会見に出席した林家正蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『家族はつらいよ』完成報告会見に出席した西村雅彦 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス