• ホーム
  • 芸能
  • タッキー、SMAP騒動に言及「絆見えた」 V6三宅「偉大さを改めて知った」

タッキー、SMAP騒動に言及「絆見えた」 V6三宅「偉大さを改めて知った」

 タッキー&翼の滝沢秀明V6三宅健が19日、都内で行われた新橋演舞場4・5月公演『滝沢歌舞伎2016』(4月10日〜)製作発表会見に出席した。きのう18日、フジテレビ系『SMAP×SMAP』で解散騒動の渦中にあるSMAPが会見したが、滝沢は「SMAPの皆さんとファンの皆さんとの絆が見えたので素敵だと思いました」と笑顔をみせ、三宅は「SMAPの皆さんの偉大さを改めて知りました」とコメントした。

 会見中の質疑応答では、質問は舞台に関するものに限られたが写真撮影時、報道陣から「先輩のことは心配でしたか?(きのうの会見は)ご覧になりましたか?」の問いに困惑しながらも笑顔でうなづいた2人。関係者の制止がなされるなか最後に一言だけお願いされ、言及した。

 2006年に『滝沢演舞城』として誕生した同公演。昨年はシンガポールで初の海外公演を成功させ、今年は三宅が初参加する。第一部は滝沢がアレンジを加えた歌舞伎の名場面をおくり、第二部では滝沢が初の脚本・演出を務める『鼠小僧』を上演する。『鼠小僧』では滝沢が鼠小僧、三宅が彼を追うおかっぴき役を演じる予定。

 三宅は今井翼との共演があるものの2人だけでの共演は初となる。滝沢は「先輩の胸を借りて挑みたい」と意気込みを語り、滝沢直々にオファーを受けた三宅は「滝沢歌舞伎の世界に染まって少しでも力になれれば」とサポートを誓った。



オリコントピックス