• ホーム
  • 芸能
  • TBS系、土曜朝にキッズ向けアニメ枠新設 玩具メーカーとタッグ

TBS系、土曜朝にキッズ向けアニメ枠新設 玩具メーカーとタッグ

 TBS系で4月から土曜朝に30分のキッズ向けアニメ枠が新設されることが18日、わかった。新番組は『カミワザ・ワンダ』(毎週土曜 前7:00〜7:30)。玩具展開をタカラトミーが行い、アニメーション制作はトムス・エンタテインメントが手がける。同局製作のアニメ番組が全国28局ネットで放送されるのは、2004年3月以来、13年ぶりとなる。

 現在、『あさチャン!サタデー』(毎週土曜 前5:45〜7:30)が放送されている時間帯の一部を、キッズ向けアニメ枠に変更。コンセプトは「子供が大好きなTBSへ」。源生哲雄プロデューサーは「朝アニメならではのキッズ向けの工夫で子どもたちの心をつかみ、かつ家族で楽しめるアットホームな作品をお届けしたい」とコメントを寄せている。

 『カミワザ・ワンダ』は、新たに開発されたコンテンツで、放送開始前の2月から『月刊コロコロコミック』、『コロコロイチバン!』、『別冊コロコロコミックSpecial』、『てれびくん』、『幼稚園』などの小学館の各雑誌での掲載を皮切りに、各方面でのメディアミックス展開を行っていく一大ビッグプロジェクト。

 いまや世の中の出来事はすべてプログラム化され、プロミンと呼ばれる不思議なモンスターによってすべてが動く世界で、身の回りで起こる不具合(バグ)は、プロミンがバグ化したバグミンの仕業だった。このままバグミンを放っておけば、いつか大事になるかもしれない…。少年ユートは突然現れた宇宙犬ワンダと出会い、カメラ型をはじめさまざまなキーアイテムを駆使してバグミンの捕獲に乗り出す。

 プロミンはそれぞれ、「モノを加速させる」「炎を出す」「モノを作り出す」など、“カミワザ”と言われる特別な能力をもっており、迫り来るバグミンに“カミワザ”を繰り出して対抗する。最初は身の回りのイタズラ程度だったバグミンによる被害も、どんどん大きくなってやがて地球規模に…。果たして1人と1匹は地球を救うことができるのか!?

■ポータルサイト
http://www.tbs.co.jp/kamiwaza_wanda



関連写真

  • TBS系でアニメ枠を新設『カミワザ・ワンダ』(C)TOMY/ワンダプロジェクト・TBS
  • TBS系でアニメ枠を新設『カミワザ・ワンダ』(C)TOMY/ワンダプロジェクト・TBS
タグ

オリコントピックス