• ホーム
  • 芸能
  • 大沢悠里、『ゆうゆうワイド』丸30年の4月で降板 後任は伊集院光

大沢悠里、『ゆうゆうワイド』丸30年の4月で降板 後任は伊集院光

 TBSラジオの看板番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』(月〜金 前8:30)が、丸30年を迎える今年4月8日で終了することが18日、わかった。この日の放送でパーソナリティーの大沢悠里(74)が明かした。

【写真】その他の写真を見る


 一部スポーツ紙が18日、番組の終了を報じたが、大沢が番組内でこの記事に触れ「1986年4月7日にスタートし、4月7日の木曜日が丸30年、8日の金曜日が31年目に入るところで、私、この番組、降りることになりました」と認めた。

 約1年前にTBSラジオへ終了を自ら切り出したという大沢は、降板理由として「30分や1時間の番組ならわかる、4時間半の生放送は長い。70(歳)は70の良さがあるというけど、疲れてくると質が落ちる」と、精神と体力の衰えと説明。また「ほとんど休みを取ってこなかったので、家族のための時間も欲しい」と、家族関係も理由に挙げた。

 後任については、「ベテランの伊集院光さんにお願いすることになりました」と、同局毎週月曜深夜の番組を担当しているタレントの伊集院光と明言した。

 なお、番組内の名物コーナー「ミュージックプレゼント」を担当する毒蝮三太夫は、番組内で継続出演を宣言している。



関連写真

  • 人気ラジオ番組「大沢悠里のゆうゆうワイド」が終了へ(左から)大沢悠里、後番組のパーソナリティを務める伊集院光 (C)ORICON NewS inc.
  • 『大沢悠里のゆうゆうワイド』を降板する大沢悠里

オリコントピックス