• ホーム
  • 映画
  • NEWS・加藤シゲアキ、映画原作者の葛藤明かす「思うところはある」

NEWS・加藤シゲアキ、映画原作者の葛藤明かす「思うところはある」

 アイドルグループ・NEWS加藤シゲアキが18日、都内で行われた自著が原作の映画『ピンクとグレー』クリエイタートークセッションに登場。行定勲監督との対談で、自身の小説を映像化することについて、葛藤があったと明かした。

 キャラクターに愛着がありすぎるあまり、加藤は映画版に対して「確かに思うところはある」と素直な思いを告白。しかし、それは自分の主観に過ぎないと割り切り「行定さんが、この作品をすごく愛してくれていたので『僕の顔なんか忘れて、映画として面白いものをお願いします』という気持ちでした」と笑顔で振り返った。

 映画の手応えについては「まだ、あまり実感はないんですけど『観てきたよ。原作も読みたい』って言う人も増えてきた」とにっこり。「僕にとっては特別な一作。まだまだ大きくなればいいなと思いますので、たくさんのお友達にオススメしてください」と呼びかけていた。

 同作は、芸能界を舞台に親友同士の青年2人の物語を描く。イベントにはそのほか、漫画家のひうらさとる氏も登場した。



関連写真

  • 映画『ピンクとグレー』クリエイタートークセッションに登壇した行定勲監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 漫画家・ひうらさとる氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス