• ホーム
  • 芸能
  • 草なぎ剛&香取慎吾、ラジオで騒動に言及せず

草なぎ剛&香取慎吾、ラジオで騒動に言及せず

 独立・解散騒動の渦中にある人気グループ・SMAP草なぎ剛(41)と香取慎吾(38)が17日、パーソナリティーを務めるbayfm『SMAP POWER SPLASH』(毎週日曜 後7:00)に出演。15日にメンバーの木村拓哉(43)が一連の報道について言及したため、2人の発言にも注目が集まったが、騒動に言及せずいつもどおり番組を進行した。

 それぞれが今月スタートのドラマの主演を務めていることから、撮影の裏話などのトークを展開。番組中にSMAPの楽曲を流すコーナーでは、1997年9月発売の26thシングル「Peace!」、91年12月発売の2ndシングル「正義の味方はあてにならない」のカップリング「KISS OF FIRE」、2008年3月発売の42ndシングル「そのまま」のカップリング「White Message」の3曲をセレクトした。

 同騒動は、13日に一部スポーツ紙が一面で報道。これを受けジャニーズ事務所は同日正午過ぎ「SMAPの一部メンバーの独立問題と担当マネージャーの取締役辞任等に関する報道がなされました。たしかに、この件について協議・交渉がなされている事実は存しますが、そのような状況下であるため、詳細についてのお問い合わせにはお答えできません」とコメントを発表した。

 14日に草なぎはテレビ朝日系主演ドラマ『スペシャリスト』の番宣のため、同局情報番組3本に報道後初めて生出演したが、報道に言及せず。同日夜には稲垣吾郎(42)がパーソナリティーを務めるラジオに出演したがこちらも語らず。香取もきょうスタートのTBS系主演ドラマ『家族のカタチ』のPRを行ったが、騒動については話さず、終始笑顔でドラマの見どころを語っていた。

 リーダーの中居正広(43)も16日、パーソナリティーを務めるニッポン放送『中居正広のSome girl' SMAP』に出演。発言に注目が集まったが、騒動には一切触れず終始和やかな雰囲気で番組を終えた。

 騒動について、唯一コメントしたのは木村のみ。15日に自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組で「ちゃんといつか自分の言葉で話せる時がきたら、自分の言葉で、このWhat's(ワッツ)でお話させていただきたいと思っております」「信じてついてきてください」とメンバーとして初めてファンに語りかけた。



オリコントピックス