• ホーム
  • 芸能
  • 西川きよし、前立腺腫瘍が判明 手術し1ヶ月の休養へ

西川きよし、前立腺腫瘍が判明 手術し1ヶ月の休養へ

 お笑いタレントの西川きよし(69)が「前立腺腫瘍」の治療に専念するため休養することが16日、所属事務所より発表された。自覚症状はあまりなかったが、昨年末に受けた定期健診で判明。きょうは大阪市内でラジオの生放送に出演しており、近く入院する。今月中旬に手術を行い、約1ヶ月程の休養期間を取って2月中旬頃に復帰予定。

     ◇

 この度は、大変ご心配をおかけし申し訳ございません。

 検査の結果前立腺に腫瘍が見つかり、薬での治療も考えましたが、病院の先生と相談し、今後のことを考えたら早く除去したほうがいいとのことでしたので、手術をする決断をしました。

 また手術についても事前に丁寧な説明を受けており、僕、ヘレン、家族みんなが安心してます。

 これからは、先生の指示に従い、治療に専念させて頂きます。



オリコントピックス