• ホーム
  • 音楽
  • ゲス乙女・川谷、ファンの声援に感極まる「これからもいい音楽を作っていく」

ゲス乙女・川谷、ファンの声援に感極まる「これからもいい音楽を作っていく」

 4人組ロックバンド・ゲスの極み乙女。が17日、東京・東京代々木公園野外ステージでフリーライブを開催。タレント・ベッキー(31)との不倫疑惑の渦中にいるボーカル・川谷絵音(27)は、ファンの声援に言葉を詰まらせ「これからも音楽を作っていく」と前を向いた。

 ライブ冒頭では、早朝から列を作ったファンに向かって「集まってくれてありがとう。このたびはご迷惑ご心配をおかけして申し訳ございません」と感謝と謝罪。「これからもいい音楽を作って皆さんにお届けしていくので、よろしくお願いします」と、深く体を折り曲げ、約5秒間にわたって頭を下げた。

 15日には、テレビ朝日系『ミュージックステーション』で騒動後初めての生放送に登場。番組オープニングで約3秒間、歌唱後には画面が切り替わる約7秒間、計10秒、深々と一礼していたが、騒動について触れることはなかった。

 この日のライブの最後には「今日はあんまり曲やれなかったですが、武道館とかツアーが待っているので」と再会を誓い、「ファンの声が僕に届いていて、なんか…」と言葉を詰まらせる一幕も。ファンからは「応援しているよ」「頑張れ」という声が飛び交った。

 ライブでは、アルバム『両成敗』(13日発売)に収録されている「ロマンスがありあまる」「両成敗でいいじゃない」などを披露。昨年からファンになったという都内在住の20代男性は「ゲス極の音楽が好きなので、これからも変わらず応援したい」と話し、川谷のファンだという都内在住の30代女性は「(川谷が)疲れているような顔だったので心配になりました。ちゃんと話してくれて安心した。これからもライブに行きたいので、頑張ってほしい」とエールを送っていた。



オリコントピックス