• ホーム
  • スポーツ
  • 羽生結弦 “同級生”大谷翔平と初対面「自分はこんなに小さい」

羽生結弦 “同級生”大谷翔平と初対面「自分はこんなに小さい」

 フォギュアスケートの羽生結弦選手が15日、日本オリンピック委員会(JOC)とテレビ朝日が、前年のスポーツ界で優れた成績を残した個人や団体を表彰する『第50回 ビッグスポーツ賞』を受賞し、都内で行われた表彰式に出席した。

【写真】その他の写真を見る


 トロフィーを受け取ると、羽生は「光栄に思います」と喜び、「昨年はなんとか世界記録出して、たくさんの祝福いただいた。世界記録だけでなく、記憶に残るスケーターになりたい」と決意を新たに。昨年のグランプリファイナルで男子史上初の3連覇を達成したが「4連覇を目指して頑張っていきたい」と語った。

 この日、羽生は同じ1994年生まれの“同級生”北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平投手と初対面を果たした。羽生は左に並んだ193センチの大谷投手を見上げ、「テレビで拝見しています。自分はこんなに小さいんだなぁと思った」と身長差に驚き。大谷投手は「“羽生くん世代”だと思っているで、負けないように頑張りたい」と話した。

 同い年だが、違う分野で活躍する2人。司会者から「何か聞きたいことは?」と促されると、羽生は大谷投手に「ボールに重みを持たせるために、体重をどう伝えていくのか」と質問。大谷投手は「体重を増やすことは1つの手段ですけど、技術が大切ですね」と答えていた。

 表彰式後、囲み取材に応じた大谷投手は、羽生との対面を振り返り「同学年なんですが、しっかりしていると思いました。(羽生は)“羽生世代”のトップ。この世代のトップではないかと思っている」といい「世界の羽生選手ですから、僕なんて話しかけられない」と謙そんしていた。

 ビッグスポーツ賞はそのほか、世界選手権で37年ぶりの金メダルを獲得した体操男子日本代表・内村航平選手、水泳の瀬戸大也選手、競歩の鈴木雄介選手が受賞した。

■そのほかの受賞者は以下の通り
【ビッグスポーツ特別賞】
太田雄貴(フェンシング)、星奈津美、渡部香生子(水泳)
吉田沙保里伊調馨、登坂絵莉(レスリング)
羽賀龍之介、大野将平、永瀬貴規、松本薫、中村美里、梅木真美(柔道)

【五輪奨励賞】
濱田真由(テコンドー)、谷井孝行(陸上)、フェアリージャパン(新体操)

【新人賞】
鬼塚雅(スノーボード)

【特別功労賞】
野村忠宏(柔道、今年8月に現役引退)

【Road to 2020奨励賞】
サニブラウン・アブデル・ハキーム(陸上)、池江瑠花子(水泳)



関連写真

  • 「記憶に残るスケーターになりたい」と決意を語った羽生結弦 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した大谷翔平 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式の模様 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した内村航平 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した羽生結弦 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した野村忠宏 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した吉田沙保里 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席したサニブラウン・アブデル・ハキーム (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した瀬戸大也 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した(左から)内村航平、羽生結弦 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した王貞治 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した澤穂希 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した(左から)王貞治、大谷翔平 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第50回 ビッグスポーツ賞』表彰式に出席した棚橋弘至 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス