• ホーム
  • 芸能
  • たかみな『リーダー論』、3週間で4刷り ビジネス層からも注目

たかみな『リーダー論』、3週間で4刷り ビジネス層からも注目

 今春にアイドルグループ・AKB48から卒業することが決まっている高橋みなみの著書『リーダー論』(2015年12月24日発売・講談社)が、発売から3週間を経てなお、勢いが加速している。ネット書店最大手のAmazonでも品切れを起こすほどの売り上げのため、急きょ増刷1万部が決定し、14日時点で累計発行部数は4刷り8万部となった。

 同書は発売直後から好セールスを記録し、1/4付オリコン“本”ランキングの「新書」「自己啓発書」「タレント関連本」の3部門で1位を獲得。最新の1/18付け「自己啓発」ランキングでも、5位をキープしている。

 発売直後から話題になり、芸能界の春風亭小朝、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号田村淳、モデルの舟山久美子、アイドルグループ・SUPER☆GiRLS浅川梨奈らがSNSで絶賛。また、武蔵野銀行(さいたま市)の加藤喜久雄頭取が7日、成人を迎える行員の祝賀式にて、年末年始に同書を読んで感銘を受けたため、新成人に記念品とともに一人ひとりに同書を手渡したことが報じられている。

 高橋は「増刷が決まって、新年いいスタートを切れました!とってもうれしいです!」と4刷りに大喜び。反響を喜びながらも「品切れで買えなかったという方の声も聞きますので、申し訳なくも思っています。ごめんなさい」と品薄状態をお詫びし、「もうすぐ増刷分が書店に届くそうなので、楽しみにしていてください!」と呼びかけた。

 書籍担当者も「芸能界、経済界、政界など幅広い方々から反響をいただき、広がりに手応えを感じています」といい、「これまでのアイドル関連書籍の枠組みを超えてより幅広い層の方々に読んでいただける本だと思いますのでぜひ、ご一読いただければ幸いです」と、さらなる広がりに期待を寄せた。



関連写真

  • 発売3週間で4刷り8万部を記録した自著『リーダー論』を手にする高橋みなみ
  • AKB48・高橋みなみ著『リーダー論』(講談社)

オリコントピックス