• ホーム
  • 映画
  • 米アカデミー賞『レヴェナント』が最多ノミネート 『思い出のマーニー』も候補に

米アカデミー賞『レヴェナント』が最多ノミネート 『思い出のマーニー』も候補に

 『第88回アカデミー賞』のノミネーションが14日(現地時間)、米ロサンゼルスで発表され、レオナルド・ディカプリオ主演の映画『レヴェナント:蘇えりし者』が主演男優賞を含む最多12部門で選出された。自身5度目の男優賞ノミネートにして悲願のオスカー初受賞となるか注目が集まる。

 同作は、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』で昨年のオスカー4冠に輝いたアレハンドロ・G.・イニャリトゥが監督・脚本・製作を務め、大自然が猛威をふるう極寒の地で自然光のみを使った9ヵ月間のロケ撮影を敢行した。

 続いて、ジョージ・ミラー監督の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が作品賞、監督賞、撮影賞、音響編集賞などを含む10部門にノミネートされている。

日本からは、長編アニメ映画賞に米林宏昌監督の『思い出のマーニー』が選出された。スタジオジブリ作品が同賞の候補になるのは、『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』に続いて3年連続となる。授賞式は、現地時間2月28日にロサンゼルスのドルビー・シアターで開催、WOWOWにて29日午前9時から生中継される。

第87回アカデミー賞ノミネーションの主な結果は以下の通り。

■作品賞
『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
『ブリッジ・オブ・スパイ』
『ブルックリン』
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
『オデッセイ』
『レヴェナント:蘇えりし者』
『ルーム』
『スポットライト 世紀のスクープ』

■主演男優賞
ブライアン・クランストン『トランボ(原題)』
レオナルド・ディカプリオ『レヴェナント:蘇えりし者』
マイケル・ファスベンダー『スティーブ・ジョブズ』
エディ・レッドメイン『リリーのすべて』
マット・デイモン『オデッセイ』

■主演女優賞
ケイト・ブランシェット『キャロル』
ブリー・ラーソン『ルーム』
シアーシャ・ローナン『ブルックリン』
シャーロット・ランプリング『さざなみ』
ジェニファー・ローレンス『ジョイ(原題)』

■助演男優賞
クリスチャン・ベイル『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
トム・ハーディ『レヴェナント:蘇えりし者』
マーク・ラファロ『スポットライト 世紀のスクープ』
マーク・ライランス『ブリッジ・オブ・スパイ』
シルヴェスター・スタローン『クリード チャンプを継ぐ男』

■助演女優賞
ジェニファー・ジェイソン・リー『ヘイトフル・エイト』
アリシア・ヴィカンダー『リリーのすべて』
レイチェル・マクアダムス『スポットライト 世紀のスクープ』
ルーニー・マーラ『キャロル』
ケイト・ウィンスレット『スティーブ・ジョブズ』

■監督賞
アダム・マッケイ『マネー・ショート 華麗なる大逆転』
ジョージ・ミラー『マッドマックス 怒りのデス・ロード』
アレハンドロ・G.・イニャリトゥ『レヴェナント:蘇えりし者』
レニー・アブラハムソン『ルーム』
トム・マッカーシー『スポットライト 世紀のスクープ』

■外国語映画賞
『大河の抱擁』(コロンビア)
『裸足の季節』(フランス)
『サウルの息子』(ハンガリー)
『ディーブ』(ヨルダン)
『ア・ウォー(原題)』(デンマーク)

■長編アニメ映画賞
『思い出のマーニー』
『インサイド・ヘッド』
『アノマリサ(原題)』
『映画 ひつじのショーン 〜バック・トゥ・ザ・ホーム〜』
『父を探して』



オリコントピックス