• ホーム
  • グルメ
  • 大阪限定の『メルティーキッス』 今年は「ブランデー」

大阪限定の『メルティーキッス』 今年は「ブランデー」

 大阪・阪急うめだ本店の期間限定ショップでのみ販売している『メルティーキッス』(明治)のプレミアム版『メルティーキッス スノーギフト』シリーズに、大人向けの「ブランデー」味が追加された。価格は5粒701円。

【写真】その他の写真を見る


 1992年に冬期限定チョコレートとして発売された『メルティーキッス』(明治)は“雪のような口どけ”がコンセプトだが、同シリーズは“究極の口どけ”がテーマ。期間限定ショップは昨年初めて実施しているが、同ブランドでは高価格帯の部類に入るにもかかわらず初日には1日の販売数が3000個を超えたほど。“ここでしか買えない限定フレーバー”に話題が集まった。

 新フレーバーの「ブランデー味」は、メルティーキッスの誕生年である、1992年のフランス南西部アルマニャック産のブランデーを使用。風味を活かすよう、チョコレートもベネズエラ産のカカオを使い、チョコレート自体のおいしさも楽しんでもらえるようこだわっている。

通常の『メルティーキッス スノーギフト』は、「ミルク」、「カカオ チュアオリミテッド」「ジャンドゥーヤ」「キャラメル」「フランボワーズ」の5フレーバー、各45g(9g×5粒)、701円(税込)。阪急うめだ本店にある限定ショップで発売中。



関連写真

  • “究極の口どけ”『メルティーキッス スノーギフト』シリーズに「ブランデー」味が仲間入り
  • メルティーキッスの誕生年である、1992年のフランス南西部アルマニャック産のブランデーを使用
  • 『メルティーキッス スノーギフト』のラインナップ
  • 5つのフレーバーがギフトボックスに入って販売

オリコントピックス