• ホーム
  • 芸能
  • 笹野高史、最年長“変身”記録更新 アカニンジャー親子三代そろい踏み

笹野高史、最年長“変身”記録更新 アカニンジャー親子三代そろい踏み

 テレビ朝日系スーパー戦隊シリーズ『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(毎週日曜 前7:30)に出演中の俳優・笹野高史(67)が、24日放送の第45話で、アカニンジャーに変身することがわかった。これまで山下真司が持つ変身最年長記録62歳(2014年1月に『獣電戦隊キョウリュウジャー』でキョウリュウシルバーに変身)を一気に5歳も更新。しかも、親子三代そろって同時変身するのは、シリーズ40年の歴史で初となる。「継ぐこと」をテーマに、三世代の家族のドラマを紡いできた本作らしい大団円へ突入する。

 笹野は、主人公の伊賀崎天晴/アカニンジャーの祖父・伊賀崎好天役でレギュラー出演。若き忍者戦士、ニンニンジャーたちを導く立場として、これまで変身せずにアクションを披露してきたが、第45話でついにアカニンジャーに変身。
天晴の父・旋風、天晴と、親子三代のアカニンジャーがそろうことに。

 スーパー戦隊シリーズ40年の歴史の中で、世代間の同時変身が披露されたのは、『魔法戦隊マジレンジャー』(05年)のマジレッド(子)&ウルザードファイヤー(父)、『獣電戦隊キョウリュウジャー』(13年)のキョウリュウレッド(子)&キョウリュウシルバー(父)の、いずれも親子二代で2作品のみ。

 笹野は「なんとも思わずにやったんだけど、今ふと我に帰って『67歳にこんなことをさせやがって』という気持ち(笑)。でも、なんでも一番は気持ちがいいですね。この先、記録を抜かれることがあっても、あと10年くらいは動けると思うので、もしまた依頼があったならば記録を塗り替えていきたいです」と元気いっぱい。「殺陣師にかっこいい動きをつけてもらいました。体にムチ打って頑張りましたので、“レジェンド笹野”のじいさんぶりをお楽しみください!」とアピールした。67歳とは思えない身のこなしに注目だ。

■『手裏剣戦隊ニンニンジャー』の1年を振り返って

 「撮影初日に『失敗したなぁ…』と思った(笑)。朝が早くて、ロケは凍てつく寒さ。つらい仕事だな〜って。しかも、霜が降りた公園で何をするのかと思ったら、いきなり木の上に立てって言うんだよ。若いころから体を動かすのは好きだから、言われるままにスッと登ってパッと立ったんだけど、なんだか下がざわついている。スタッフにしてみれば、大変なことを頼むのだから万が一に備えて養生もしっかりしていたのに、あの人簡単に登ったよって(笑)。たぶん、あの時に『このじいさん使える』って思われたんだと思う(笑)。

 それからは、どんどんエスカレート。川の中で一日中立ち回りをさせられたこともあるし、変身の予兆も今にして思えば初日の木登りからあったんだな。僕は往年のスター俳優みたいにブラインドから視線を送って、『がんばれよ』と言えばいいような役を期待していたんだから、とんだ計算違い(笑)。最初にもっと怖がったり救急車を呼べと文句言ったりすればよかったよ(笑)。

 でも、俳優仲間にも小さいお子さんを持っていらっしゃる方がいて、『子どもと一緒に見ていますよ』と励ましの言葉をもらえたし、街でお母さん方にも声をかけられるし、小さい子どもの熱い視線で『握手してください』って言われると、いいことしたような気持ちになっちゃうね。世の中のためにひょっとしたらなっているんじゃないかと思える。観てくださる方が喜んでくれるのであれば、なんでもやるんですよ、僕ら俳優は。

 この一年間の楽しみは、共演した若手俳優たちの成長。それしかないでしょ。この作品は飛んだり跳ねたり、特殊な撮影が多くて、本当の芝居はまだまだこれから。いろいろと課題があるわけだけど、若いうちはちょっと努力すればすぐにクリアできる。今後、彼らがどんな風に成長していくのか、これからも見守りたいと思います」。



関連写真

  • 1月24日放送、スーパー戦隊シリーズ『手裏剣戦隊ニンニンジャー』。殺陣師にかっこいい動きをつけてもらったという笹野高史のアクションに注目(C)2015 テレビ朝日・東映AG・東映
  • 親子三代そろってアカニンジャーに変身(C)2015 テレビ朝日・東映AG・東映

オリコントピックス