• ホーム
  • 芸能
  • ベッキー、騒動後初OAのラジオ番組は通常運転 「上を向いて歩こう」などを放送

ベッキー、騒動後初OAのラジオ番組は通常運転 「上を向いて歩こう」などを放送

 タレントのベッキー(31)がパーソナリティを務めるTOKYO FMの『ベッキー♪GO LUCKY』(毎週日曜 前9:30)の新年2回目の放送が10日に行われ、不倫騒動後、初の放送ということで注目されたが、事前収録したものか、あす成人の日にちなんで、新成人へのお祝いの言葉からスタート。「もう11年前になるんだ…」と、オレンジ色の振り袖を着たという自身の成人式の思い出を振り返っていた。

 番組では、世界で一番有名なジャパニーズソング「上を向いて歩こう」を歌った故・坂本九さんに注目し、「生意気なこと言うみたいだけど、『上を向いて歩こう』って世界中の人への素晴らしいメッセージだと思いませんか? 僕はそのメッセンジャーボーイになれただけでも光栄です」という九さんの発言を楽曲とともに紹介。

 そのほか、「私の友だちの間でジャスティン・ビーバー熱(フィーバー)が来ています。みんなで良く歌っていた」というジャスティン・ビーバーの「What Do You Mean」、ベッキーが注目しているというポップ・ ロック・バンドの一つ、プラチナリズムの「KAN&PAI-THE WORLD-」をかけ、エンディングトークも新成人に向けて「お酒の飲み過ぎないように」とメッセージを送っていた。

 ベッキーは7日発売の『週刊文春』でロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音(27)との不倫交際が報じられ、6日に東京都内で緊急会見し、「友人関係」などと主張していた。川谷は昨年、一般女性と結婚している。



オリコントピックス