• ホーム
  • 映画
  • 一ノ瀬文香、同性婚理解の広がり訴える「愛が保証される世の中に…」

一ノ瀬文香、同性婚理解の広がり訴える「愛が保証される世の中に…」

 タレントの一ノ瀬文香が9日、都内で行われた映画『新宿ミッドナイトベイビー』初日舞台あいさつにゲストとして登場した。映画は男性同士の“同性婚”がテーマ。自身も女優の杉森茜と昨年4月に挙式した一ノ瀬だが「婚姻届は受理されませんでした」と同性婚への法整備の遅れを訴えた。

【写真】その他の写真を見る


 一ノ瀬は、同性パートナーシップ証明書の交付を始めた東京都渋谷区を例に挙げ「渋谷区に住むと(同性同士が)婚姻できると勘違いされてる方が多いと思うんですけど、今の日本では渋谷でも婚姻することができないことになっている」と説明。「私たちのように自然と惹かれ合って『結婚したい!』と思ったカップルも愛が保証される世の中になってほしいと思ってます」と熱弁をふるった。

 また、同作が映画初出演となった浜田ブリトニーは“タロット占い師”という役どころを「ウケるーって感じで引き受けた」とハイテンション。「テーマは真面目に同姓愛について語っている。興味のある方がもっとたくさん観ていただけたらと思ってます」とアピールしていた。



関連写真

  • 同性婚への理解を求めた一ノ瀬文香 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『新宿ミッドナイトベイビー』初日舞台あいさつを行った浜田ブリトニー (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『新宿ミッドナイトベイビー』初日舞台あいさつを行った内山麿我 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス