• ホーム
  • 音楽
  • 30周年イヤーの徳永英明、新曲が『科捜研の女』主題歌に

30周年イヤーの徳永英明、新曲が『科捜研の女』主題歌に

 今年デビュー30周年の歌手・徳永英明の新曲「君がくれるもの」(3月9日発売)が、テレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)の主題歌に決まった。今回の新曲は「無償の愛の喜びを、二人でいる喜びを ストレートに楽曲に表現しました」と徳永。主人公・榊マリコを演じる女優の沢口靖子は「イントロの優しく切ないピアノのメロディーがドラマの余韻をさらにふくらませてくれそうです! また徳永英明さんのハスキーな魅力ある歌声が、ドラマ全体をやさしく包み込んでくれる感じがしました」と絶賛のコメントを寄せている。

 徳永は、1986年「レイニー ブルー」でデビューし、「輝きながら…」「壊れかけのRadio」など、数々のヒット曲を世に送り出し、女性アーティストの名曲を次々とカバーした『VOCALIST』シリーズも話題に。昨年まで大みそかの『NHK紅白歌合戦』に10年連続出場するなど、第一線で活躍を続けてきた。新曲には「今年デビュー30周年を迎えるスタートと共にドラマを通して、この楽曲がドラマと共に寄り添うことができ、みなさんに届くことができたら幸いです」と思いを込めた。

 ドラマは、現行の連続ドラマの中で最長の歴史を誇る人気シリーズ。京都府警科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコを中心に、ひと癖もふた癖もある研究員たちが、法医、物理、化学、文書鑑定などの専門技術を駆使して事件の真相解明に挑む姿を描く。昨年10月より2クール編成で放送。今月3日に放送された正月スペシャルは視聴率13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得するなど高い人気を誇っている。

 ※徳永英明の「徳」「英」の字は正しくは旧字ですが、機種依存文字であるため、この記事では「徳」「英」の字で代用しています。



関連写真

  • 2016年、デビュー30周年を迎える徳永英明の新曲「君がくれるもの」がテレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』の主題歌に決定
  • 『科捜研の女』の主人公・榊マリコを演じる沢口靖子(C)テレビ朝日
  • テレビ朝日系ドラマ『科捜研の女』1月14日から放送再開(C)テレビ朝日

オリコントピックス