• ホーム
  • 音楽
  • aiko、深キョンと16年ぶりタッグ「うれしい!」 新曲が連ドラ主題歌に

aiko、深キョンと16年ぶりタッグ「うれしい!」 新曲が連ドラ主題歌に

 シンガー・ソングライターaikoの新曲「もっと」(発売日未定)が、12日スタートの深田恭子主演ドラマ『ダメな私に恋してください』(毎週火曜 後10:00 TBS系)の主題歌に起用されたことが明らかになった。

 ドラマは、女性漫画誌『YOU』(集英社)で連載されている中原アヤ氏の同名漫画が原作。30歳独身で彼氏なし、職もなし、貯金もなし、唯一あるのは肉に対する欲望だけ…というナイナイ尽くしのダメ女・柴田ミチコ(深田)とドSな元上司・黒沢歩(ディーン・フジオカ)が繰り広げるツンデレラブコメディ。

 番組プロデューサーの阿部謙三氏(東宝)は「マンガ原作のラブコメディをドラマ化するにあたり、“恋愛ソングの神様”であるaikoさんの歌で、生身の30歳女子の恋愛の機微をドラマに加えていただきたいと思い、主題歌をお願いしました」と経緯を説明。「主人公ミチコの心模様に、恋の切なさと喜びの華を添える曲」と解説する。

 aikoが主演の深田とタッグを組むのは、1999年5月に発売された深田の歌手デビューシングル「最後の果実」にコーラスで参加して以来。aikoは「16年前にひょんなことから深田恭子さんのデビューシングルのコーラスをさせていただくことになって、実は参加させていただいているのです。それ以来の共演なので、今回は音楽とドラマと言う形でまたご一緒できてうれしいです!」と大喜び。

 今回、主題歌として書き下ろした新曲「もっと」に関しても「この曲ができたとき、すごくうれしくて何度も家のピアノを弾いて繰り返し歌いました。改めて本当に作れてよかったと思います」と手応えをにじませている。



オリコントピックス