• ホーム
  • 芸能
  • 中島裕翔が明かすHey! Say! JUMPとしての葛藤「やりたいことと求められているもの」

中島裕翔が明かすHey! Say! JUMPとしての葛藤「やりたいことと求められているもの」

 ドラマへの出演が続き、いまやすっかり俳優としても人気のHey! Say! JUMPの中島裕翔。NEWS・加藤シゲアキの処女小説の実写化で映画初主演を務める『ピンクとグレー』では、同年代の実力派俳優・菅田将暉との共演も経て、ひとまわり成長した姿を見せている。そんな中島に、俳優としてのいまの想いとHey! Say! JUMPのメンバーとしての自身について聞いた。

◆メンバーよりどうやって目立つか…思い悩んでいた過去

――映画は、身近な仲間のなかで葛藤する主人公を描いていますが、中島さん自身が過去に「自分はどうしたいのか、どうなりたいのか」と悩んだり葛藤したりしたことはありましたか?
【中島】 Hey! Say! JUMPはメンバーが9人いるので、そのなかで自分が目立つために、これからどうしていこうかと悩んだ時期はあります。自分はなにができるのか、自分にしかできないことはなにかって探したりして……。そのころは、自分のやりたいことと求められているものがまだわかっていない段階でしたけど、なにかを武器にしなくてはいけないと思って、ドラムやカメラをやってみたりいろいろと手探りで始めていました。

――ほかのメンバーは仲間であり、ライバルですよね。
【中島】 やっぱりメンバーとのことで過去に葛藤はありました。僕が自分の武器を考えている時点で、すでに山田(涼介)はドラマに主演していて、自分に彼と同じことができるかというとできない。でも、自分にできないことがわかっているなら、できることに取り組めばいいんだって気づいて、そこから考え方が切り替わって。思い悩んでいたことが吹っ切れました。

――いま中島さんがメンバーに勝っている武器はなんですか?
【中島】 えー……身長! 背が高いこと! それしかない(笑)。いやいや、しっかりとした武器を見いだせているかと言えばまだそうでもなくて。でも、こうやってお芝居の仕事をいただくのが最近では多くなって、それはすごく嬉しいことだし、“ジャニーズっぽくない俳優”を目指していけたらという目標はうっすらと見えてきています。お芝居をもっともっと突き詰めていけたら……。歌って踊るジャニーズなのに芝居もすごくうまい。岡田(准一)くんのような存在になりたいです。

――岡田さんが目標なら、NHK大河ドラマへの出演も視野にあったり?
【中島】 先日、『デート 〜恋とはどんなものかしら〜』(フジテレビ系)の撮影現場でキャストのみなさんとドラマの話になって、大河は撮影期間が長いから大変だし、ほかの仕事も入っているとスケジュールが厳しくなるよねって話を聞きました。でも長谷川(博己)さんに「裕翔はオファーがきたら絶対やった方がいいよ」って言われました(笑)。僕としてもやっぱりやってみたいですね! 未体験のことは経験してみたいし、そこから自分にどういう役が向いているのかということも模索していきたいです。

◆映画主演の次に有言実行させたい目標

――10代の頃のインタビューで「22歳で映画主演」と宣言していて、有言実行されました。覚えていますか?
【中島】 えーー! 22歳って言っていたんですか? 覚えていない……。占い師になれるな。未来が見えますみたいな(笑)。

――次の目標をいま宣言していただくことは……?
【中島】 やめてくださいよ(笑)。いつもあたるとは限らないので!! でも、映画はまたやりたいですね。すごくハマりました。

――また違った役をやりたい? 悪役とか?
【中島】 やってみたい役はいろいろありますけど、いつかは悪役もやりたいです。いまはわりと好青年なイメージの役が多くて、自分でもそれが合っていると思うし、やっていて楽しいんですけど、役の幅をどんどん広げていきたいですね。今回はけっこう人間臭い役をやっていて、人間のダークな部分を表現できていると思います。

――オネエ役もうまそうな気がしますが(笑)。
【中島】 うーん、まぁオネエ役もいいかもしれないですね(笑)。「長身を活かしてやってみたいです」(棒読み)。ははは、まったく心がこもっていないですね(笑)。でも、新しい自分を開拓できるという意味では、そういう挑戦もいいですね。

――期待しています。
【中島】 では、それも有言実行させたいと思います(笑)。

◆自分をストイックに追い込むことができたいい経験

――撮影現場では、菅田さんとはどんな話をしていました?
【中島】 撮影が始まってすぐに一緒にラーメンを食べに行って「本当に難しいんだけど」って役の悩みを相談したら、「主役だからいろいろ考えるよね」って。年は一緒だけど、学年は彼の方がひとつ上で、年が近いお兄ちゃんみたいな感覚です。そういう目線で相談に乗ってくれたので、とても気が楽になりました。現場では、映画の後半の演技が始まる頃は、前半のときとは打って変わって、ふだんからちょっと偉そうにモノを言ってくるようになって(笑)。急に「ま、たのしみましょう」って言うから、「え、どうしたの、将暉!?」って思いながら(笑)。そのイラっとさせる距離感をスクリーンに出すためにわざとやっているんですけど、そういう雰囲気づくりなどがすごく上手だなって感じています。

――そんな菅田さんとの共演で得たものは?
【中島】 将暉は同じ演技をしないんです。同じシーンでも、毎回演技が違うのですごく新鮮味があって、監督を驚かせにいっている感じがありました。「裕翔、ちょっと相談があるんだけど。次のシーンでこうやってみたいんだよね」って相談されたりしたんですけど、僕はその現場でお芝居が生まれるタイプだったので、相談されることやこうやって演技を変えていくことが初めてでした。次のシーンはこうやりたいというのを持っていてもいいんだって気づかされました。安定感は大事だけど、斬新さや真新しさみたいなものも大事なんだってすごく勉強になりました。

――劇中の「自分がやりたいことではなく、自分のできることをやれ」というセリフはどうとらえていますか?
【中島】 このセリフって実生活で活きてくる言葉で、この映画を観てこの言葉を聞いた観客にとっても「あぁ、そうだな」って腑に落ちるセリフだと思います。僕自身、俳優をやっていても、自分のなかでやりたいことが別にあったとしても、Hey! Say! JUMPというキラキラでフレッシュなアイドルとしての存在を求められることが多いので、そういうことにも当てはまるのかなって思います。

――先ほど映画にハマったとおっしゃっていましたが、どんなところに?
【中島】 初めてなのでまだハッキリとは言えないんですけど、できあがるまでどうなるかわからないところですかね。とくに行定監督はシーンを重ねる方なので、どこを使われるかわからなくて、演じていて未知数。完成した作品を観て驚きがあります。また、自分が出演していないシーンを観て、「いいなぁ、このシーン生で観たかった」っていうワクワクみたいなのもありました。それと、ドラマではなく映画だからこそできることがあって。今回、いままでやったことがなかったようなシーンがたくさんありました。すごく刺激になったし、いろいろなことに初挑戦できたので、本当にいい機会を与えていただけたと感謝しています。短い撮影期間のなかでブラッシュアップしていかなければならないプレッシャーも感じられるし、自分をストイックに追い込めるところもいい経験でした。



オリコントピックス