• ホーム
  • 芸能
  • 上川隆也、痴漢えん罪対策の“最前線”に驚き「そこまでしなければ…」

上川隆也、痴漢えん罪対策の“最前線”に驚き「そこまでしなければ…」

 俳優の上川隆也が6日、東京・六本木のテレビ朝日内で自身が主演するドラマスペシャル『検事の使命』(17日 後9:00)にちなんだ、弁護士による「痴漢えん罪対策」の特別講習会に出席した。「痴漢に疑われないようにする方法」「痴漢に疑われた場合の対処法」などについて、弁護士がお株を奪うような“模範解答”を連発した上川だったが、それをも回る“自己防衛策”が提示されると、「世知辛い世の中になってしまっているのは否めない。そこまでしなければいけないのか…」と驚きを隠せないでいた。

【写真】その他の写真を見る


 講師として、ベリーベスト法律事務所で刑事事件のチームリーダーを務める巽周平弁護士が登壇。痴漢事件は「都内で年間2000件ほど起きている」といい、痴漢を疑われることのリスクの大きさを解説。「いったん、痴漢を疑われ、逮捕され、起訴され、裁判にまでなると、日本の刑事裁判の9割以上は有罪になってしまうのが現実。無罪を証明するにはかなりの労力がいるし、裁判で無罪になったとしてもその時には仕事や社会的地位、家族の信頼を失ってしまっていたりする」と話した。

 最近、電車内でスマートフォンを操作している人は多いが、痴漢に疑われないようにするためには「有効である」と、巽弁護士。「解析すれば、その時、スマートフォンで何をしていたかがわかる。例えば、ゲームをしていたことがわかれば、痴漢行為をしていないことの証明になります」。

 疑われた時に弁護士が駆けつけてくれる「痴漢えん罪保険」の存在や、痴漢を疑われた際、その場に居合わせた人に状況を証言してもらえるよう、連絡先を聞いておくといったアドバイスなど、上川が知らなかったことも多かったようで、「ここまでしないと自分の身を守れないのか」と、興味深く話を聞いていた。

 ドラマは、まさに電車内で起きた痴漢事件がえん罪か否か、がテーマ。昨年1月24日に放送されたドラマスペシャル『最後の証人』で、上川が演じた主人公のヤメ検弁護士・佐方貞人の検事時代のエピソードを描く。作家・柚月裕子氏による佐方貞人シリーズ『検事の使命』から短編「使命を賭ける/使命を決する」を映像化したもの。

 上川は「痴漢えん罪を題材にしていることで、いままでにない法廷サスペンスになったと思う。今回の作品は加害者も被害者もすべて生きていて、被害者の証言のほうが力を持っているので、それによって裁判や事件の様相も一転、二転する。よくある殺人事件の被害者は何も言えない状態なので、証拠や犯人の証言がポイントになってきますが、そこが全く違っていて、新鮮でした」とアピールしていた。



関連写真

  • 弁護士による「痴漢えん罪対策」の特別講習会に出席した上川隆也 (C)ORICON NewS inc.
  • 痴漢に疑われないようにする行動とは? (C)ORICON NewS inc.
  • 上川隆也(右)と巽周平弁護士 (C)ORICON NewS inc.
  • 弁護士による「痴漢えん罪対策」の特別講習会に出席した上川隆也 (C)ORICON NewS inc.
  • 弁護士による「痴漢えん罪対策」の特別講習会に出席した上川隆也(右)と巽周平弁護士 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス