• ホーム
  • 映画
  • 松ケン、共演者からふっくら体型イジられ苦笑「この貫禄!」

松ケン、共演者からふっくら体型イジられ苦笑「この貫禄!」

 俳優の松山ケンイチ(30)が6日、東京・三ノ輪の有馬湯で行われた主演映画『の・ようなもの のようなもの』(16日公開)銭湯寄席トークイベントに出席した。以前よりふっくらした印象の松山に、故・森田芳光監督の劇場デビュー作『の・ようなもの』主演で今作にも出演した伊藤克信(57)は「松山くんが太ってくれたので、違和感なく隣にいることができます」としたり顔。スペシャルゲストの落語家・三遊亭小遊三からも「大ヒット間違いなし!この貫禄!」とイジられ、松山を苦笑いさせた。

【写真】その他の写真を見る


 落語をテーマにした同作は『の・ようなもの』の35年後を描いた完全オリジナル作品。真面目すぎる落語家“の・ようなもの”出船亭志ん田(松山)が、落語を捨て気楽に生きる兄弟子・志ん魚(伊藤)と出会い、自分らしく生きる楽しさを知っていく。

 劇中にも登場する銭湯で行われたイベントでは、映画にも出演したベテラン漫才師の内海桂子(93)も参加。松山は「一言一言が重いので受け止めきれない」と共演の感想を語ると、内海は「こういういい男は芸が難しい。笑えないでしょ、こういう顔じゃ」と辛口に評価して笑いを誘った。

 今回、落語・噺家役に初挑戦した松山は「(落語は)ものすごく大好きだけど、聞くのとやるのとはぜんぜん違う」とその難しさを実感。ヒットを祈願して小遊三から熊手を贈呈され「落語の世界もとってもすばらしいものなので、この映画がきっかけで落語にも足を運んでもらえたら」と呼びかけていた。

 関係者によると松山の体型変化は「次回作に向けた役作り」だといい、こちらの正式発表も待たれる。



関連写真

  • 体型変化が話題になった松山ケンイチ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)伊藤克信、内海桂子、松山ケンイチ、三遊亭小遊三、杉山泰一監督 (C)ORICON NewS inc.
  • 内海桂子 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『の・ようなもの のようなもの』銭湯寄席トークイベントに出席した三遊亭小遊三 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『の・ようなもの のようなもの』銭湯寄席トークイベントに出席した伊藤克信 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス