• ホーム
  • スポーツ
  • “現役引退”澤穂希、今年の抱負は「結婚生活の充実」 仙台に引っ越しも

“現役引退”澤穂希、今年の抱負は「結婚生活の充実」 仙台に引っ越しも

 昨年限りで現役引退した元サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」でINAC神戸の澤穂希選手が5日、都内で行われた『2016年春「進研ゼミ+」』スタート記念イベントに出席した。

 年末の皇后杯で有終の美を飾り、現役を退いた澤は「久しぶりに年末年始をゆっくり過ごせたので、家族と過ごしました」と笑顔で報告。家族も増えたとあって「独身時代とはまた違うお正月でしたね」と幸せいっぱいに話した。

 今年の抱負については「結婚生活も充実させたい。それから次の道を進んでいきたいですね」。「まずはずっと走り続けてきたので、お休みをいただいて、今後のことを考えていきたい。子どもが大好きなので、サッカーの普及など夢を与える仕事がしたいですね」と気合十分に語った。

 今後は「夫がいる仙台に引っ越します」といい、報道陣から「お子さんの予定は?」と問われると「いずれそういう形になればいいかな」とほほ笑んだ。

 イベントにはそのほか、モデルで女優の古畑星夏も出席。ともに『進研ゼミ』の卒業生である澤と古畑は、このたび「特別・赤ペンコーチ」に就任。今後、自分の得意分野をベースに生徒たちへの“直接レッスン”イベントなどを予定している。



関連写真

  • 『2016年春「進研ゼミ+」』スタート記念イベントに出席した澤穂希 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)古畑星夏、澤穂希 (C)ORICON NewS inc.
  • 古畑星夏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス