• ホーム
  • 芸能
  • 高橋惠子、着物文化の発展願う「若者、海外の方に伝えていきたい」

高橋惠子、着物文化の発展願う「若者、海外の方に伝えていきたい」

 女優の高橋惠子が5日、東京・松屋銀座で開催中の『追悼 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展』に来場。着物デザイナーで、昨年10月に亡くなった池田さんと20年来の付き合いがある高橋は、池田さんの着物に身を包みながら故人との思い出を語った。

 思い出話に花を咲かせながら「とても優しくて、いつもニコニコ。温かい空気を作ってくれて、一緒に撮影などをしていましたね」と、池田さんの人柄を明かした高橋。ひと足早く同展を鑑賞すると「先生の生きてこられた色々な人に対する思いですとか、人としてこう生きていかなければという姿勢など、全てがこの会場に凝縮されている気がする」と感慨深げだった。

 昨今は若者世代の着物離れも叫ばれるが、高橋は「丹精込めて作り、美に対する感性がとても高度。もの作りの誇りをとても感じられる。こんな素晴らしい着物を作った日本人がいたということを知って、触れていただきたい」と呼びかけ、「日本人の良さというのを私自身も見つめて、若者の方や海外の方にも伝えていきたい」と使命感を燃やしていた。

 展覧会は同所にて18日まで開催。



関連写真

  • 『追悼 池田重子コレクション 日本のおしゃれ展』に来場した高橋惠子 (C)ORICON NewS inc.
  • 艶やかな着物姿を披露 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス