• ホーム
  • 映画
  • 実写映画『テラフォーマーズ』 小栗旬の“怪しい”メイキング写真解禁

実写映画『テラフォーマーズ』 小栗旬の“怪しい”メイキング写真解禁

 作・貴家悠氏、画・橘賢一氏による人気漫画を三池崇史監督が実写化した映画『テラフォーマーズ』(4月29日公開)。主要キャラクター・本多晃を演じる小栗旬のメイキングカットが5日、解禁された。原作の本多とは一風変わった装いの小栗が、怪しげな雰囲気全開で演じている。

 同作は、人口増加の影響により地球から火星に人類を移住させる火星地球化(テラフォーミング)計画が進む2599年、火星に送り込まれた“ある生物”が人型に異常進化した最悪なヤツら“テラフォーマー”と、特殊な手術を施された15人の宇宙船クルーの戦いを描く。主演の伊藤英明のほか、武井咲山下智久山田孝之、小栗らが出演し、主題歌を三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが担当する。

 解禁になったのは、貧富の差が激しくなり、スラムと化した日本の街に降り立つ本多が、バグス2号の乗組員候補者を迎えに行くシーン。先日解禁されたポスタービジュアルでは、ホログラムで火星に浮かぶおしゃれすぎる本多の姿が注目されたが、今回は怪しさも漂わせている。



オリコントピックス