• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン】年明けの“紅白効果”作品は?

【オリコン】年明けの“紅白効果”作品は?

 1/11付週間シングル・アルバムランキング(集計期間:昨年12月28日〜今年1月3日)では、昨年大みそかの『第66回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が順位をアップさせた。

【写真】その他の写真を見る


 なかでも好反応を見せたのは、初出場の演歌歌手・三山ひろし。シングル「お岩木山」(前週32位→14位)、アルバム『三山ひろし 全曲集 〜お岩木山・人恋酒場〜』(同123位→66位)がジャンプアップ。特にアルバムは昨年12/28付で記録した71位を上回り、同作の最高位をマークした。

 シングルでは、6回目の出場となった西野カナが歌った「トリセツ」(同36位→17位)、戦後70年 紅組特別企画枠で出場したMISIAが長崎・平和公園から中継で歌い上げた「オルフェンズの涙」(同75位→35位)が上昇。

 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEは紅白で歌唱した「Summer Madness」(同86位→39位)、日本レコード大賞受賞曲「Unfair World」(同141位→40位)、さらには昨年のヒット曲「R.Y.U.S.E.I.」(同92位→49位)もそろってTOP50に返り咲いた。

 アルバムでは、初出場のSuperflyが圧巻の歌声を披露した「Beautiful」が収録された『WHITE』(同132位→48位)、9年ぶり2度目の出場となった今井美樹のオールタイムベスト『Premium Ivory -The Best Songs Of All Time-』(同104位→49位)が急浮上した。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、スマホ、SNS)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


関連写真

  • 紅白歌唱曲がランクアップ
  • 三山ひろし「お岩木山」(前週32位→14位)
  • 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「Summer Madness」(同86位→39位)
  • 西野カナ「トリセツ」(同36位→17位)
  • MISIA「オルフェンズの涙」(同75位→35位)
  • 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの日本レコード大賞受賞曲「Unfair World」(同141位→40位)

オリコントピックス