• ホーム
  • 音楽
  • いきものがかり、今夏10万人規模の野外ライブ 地元・海老名&厚木で

いきものがかり、今夏10万人規模の野外ライブ 地元・海老名&厚木で

 人気ユニット・いきものがかりが、メジャーデビュー10周年を記念した大型野外ライブイベント『超いきものまつり2016 地元でSHOW!! 〜海老名でしょー!!!〜/〜厚木でしょー!!!〜』をメンバー3人の地元、神奈川県海老名市と厚木市で行うことが決まった。

 水野良樹(G)と山下穂尊(G)の地元では8月27・28日の両日、海老名運動公園で開催。吉岡聖恵(Vo)の地元では9月10・11日の両日、厚木市荻野運動公園で行われ、4公演合計で約10万人の動員を予定している。

 1999年に結成されたいきものがかりが陸上競技場でワンマンライブを行うのは自身初。野外での単独ライブも、2011年夏に横浜スタジアムで開催した『いきものまつり2011』以来、5年ぶりとなる。

 水野は自身のツイッターで「10周年のイベント、大きな会場でやろうと様々な場所をスタッフに探してもらっていたんですが、考えれば考えるほど、やっぱり3人が育った地元でやりたいなって思って。神奈川県は海老名・厚木で実現を目指すことにしました」と説明。「地元の皆様のご協力も頂きながら今から準備していきます。みんな、来てね!」と呼びかけている。

 チケットは、公式ファンクラブ先行で12日から受付開始。3月15日発売のベストアルバム『超いきものばかり〜てんねん記念メンバーズBESTセレクション〜』にもチケット特別抽選先行案内が封入される。

■『超いきものまつり2016 地元でSHOW!! 〜海老名でしょー!!!〜』
8月27日(土)・28日(日):神奈川・海老名運動公園

■『超いきものまつり2016 地元でSHOW!! 〜厚木でしょー!!!〜』
9月10日(土)・11日(日):神奈川・厚木市荻野運動公園



オリコントピックス