• ホーム
  • 芸能
  • 古舘伊知郎氏、『報ステ』降板を生報告「3月末まで誠心誠意頑張る」

古舘伊知郎氏、『報ステ』降板を生報告「3月末まで誠心誠意頑張る」

 3月末でメインキャスターを務めるテレビ朝日『報道ステーション』を降板すると発表していた古舘伊知郎氏が4日、発表以来初めて同番組に出演。番組冒頭で改めて降板を報告した。

 古舘氏は新年のあいさつ後「(昨年)12月24日に発表させていただきましたけれども、今年の3月の末をもって『報道ステーション』を辞するということを決意いたしました」とコメント。続けて「3月いっぱいまでは誠心誠意できる限り頑張っていこうと思っております。改めて宜しく」と視聴者に呼びかけた。

 メインキャスター降板は、12月24日に同局から発表。その後に行われた会見で古舘氏は「もの凄く不自由な12年間だった」と振り返っていた。

 『報道ステーション』は2004年4月、前番組『ニュースステーション』の後続番組としてスタート。古舘氏は番組開始からメインキャスターを務めてきた。



オリコントピックス