• ホーム
  • 映画
  • 『スター・ウォーズ』を作った映像スタジオにNHKが潜入

『スター・ウォーズ』を作った映像スタジオにNHKが潜入

 人気映画シリーズの10年ぶりの新作として話題の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(公開中)。米国ではすでに『タイタニック』を超え、『アバター』にも迫る勢いで大ヒットを飛ばしており、日本を含む全世界で莫大な興行収入を稼ぎ出している。普遍的なテーマやキャラクターの魅力を最大限引き出してきたのが、特撮スタジオ「ILM(インダストリアル・ライト・アンド・マジック)」の技術力だ。NHKでは、この映画製作の舞台裏を探るべく、ILMに独占取材を敢行。『ハリウッド 映像王国の挑戦〜“スター・ウォーズ”とILMの40年〜』と題した番組が、あす5日(後8:00〜8 :43)にNHK総合で放送される。

 ILMは40年前、ジョージ・ルーカス氏が『スター・ウォーズ』(1作目、後に『エピソード4/新たなる希望』とサブタイトルが付いた)を制作するために設立したスタジオ。これまでに『E.T.』や『ジュラシックパーク』などの世界的大ヒット作を生み出し、獲得したアカデミー賞は44個。ハリウッドの映像技術革新をけん引する存在だ。

 今回、世界で唯一、スタジオに入ることが許されたNHKのカメラがとらえたのは、観客を魅了するリアルな映像を生み出すため、公開ギリギリまで格闘を続ける技術者たちの姿。番組では、ILMが誇る最新の映像技術や、40年の間に成しとげた数々の技術革新、そして最新作で重要な役割を担った日本人アーティストの行弘進さんも紹介する。



関連写真

  • 1月5日放送、NHK『ハリウッド 映像帝国の挑戦〜スターウォーズとILMの40年〜』より。自らデザインしたBB-8が走るショットが一番のお気に入りと語るコンセプト・デザイナーのクリスチャン(C)NHK
  • ミレニアム・ファルコン号のシーンの仕上がりをチェック中(C)NHK
  • スタッフがその日制作した映像の仕上がりを夜にチェックする試写、通称「ナイトリー」。日本人アーティストの行弘進さんを含む中心スタッフが最終段階の修正点を議論する(C)NHK

オリコントピックス