• ホーム
  • 音楽
  • JKT48、4周年イベントに1万5000人熱狂 仲川遥香「心にしみた」

JKT48、4周年イベントに1万5000人熱狂 仲川遥香「心にしみた」

 AKB48の海外姉妹グループで、インドネシア・ジャカルタを拠点に活動するJKT48が、大みそかから元日にかけ、ジャカルタ郊外の大型ショッピングモール・アラムステラで年越しイベントを兼ねたデビュー4周年記念イベントを開催。メンバー69人が参加し、会場は1万5000人以上のファンで超満員となった。

【写真】その他の写真を見る


 カウントダウンイベントは「会いたかった」からスタート。インドネシアで根強い人気の「RIVER」「恋するフォーチュンクッキー」「ハロウィン・ナイト」などを披露した。

 メンバーはこの日に向け、密かに練習を重ねてきたハンドベルで「初日」と「桜の栞」を演奏し、しっとりした雰囲気に。続けて、2014年4月にAKB48から移籍した近野莉菜が、現地の大衆音楽ダンドゥットで「ハロウィン・ナイト」を披露。さらに、メンバー全員で「ひこうき雲」を歌い、盛り上がりが最高潮に達したところで新年を迎え、3000発もの花火が打ち上げられた。

 新年の1曲目として、元日発売のシングル「Beginner」を披露。劇場支配人を兼任するメロディー・ヌランダニ・ラクサニは「JKT48の4周年をファンの皆さんと一緒にお祝いすることができて本当にうれしかったです。屋外でここまで大きなイベントをするのは初めてで、1万5000人の方々に来ていただき感動しました」と感激しきり。

 新年の抱負として「初心に戻り、JKT48の夢であるジャカルタ最大の競技場『ゲロラ・ブンカルノ競技場』でコンサートをする夢に向かって、もっとたくさんのファンに愛されるグループになれるよう全力で走ります」と宣言した。

 また、チームTキャプテンの仲川遥香は「AKB48にいたときにもやったことのなかったカウントダウンコンサートをジャカルタで開催できて本当に幸せです。きょうは本当にたくさんの方の応援が心にしみました」と喜びをかみしめ、「2016年は今まで以上にインドネシア全土の方々に愛されるグループになれるよう頑張っていきます」と意気込んだ。



関連写真

  • JKT48のデビュー4周年&カウントダウンイベントに1万5000人のファンが集結
  • 「インドネシア全土の方々に愛されるグループになれるよう頑張る」と仲川遥香
  • インドネシアの大衆音楽「ダンドゥット」にも挑戦した近野莉菜
  • 『JKT48 4th Anniversary Count Down Festival 2016』より
  • 『JKT48 4th Anniversary Count Down Festival 2016』より
  • 新年を迎え、3000発もの花火が打ち上げられた
  • 『JKT48 4th Anniversary Count Down Festival 2016』より
  • 『JKT48 4th Anniversary Count Down Festival 2016』より仲川遥香
  • 『JKT48 4th Anniversary Count Down Festival 2016』より近野莉菜
  • 『JKT48 4th Anniversary Count Down Festival 2016』より
  • 『JKT48 4th Anniversary Count Down Festival 2016』より
  • 『JKT48 4th Anniversary Count Down Festival 2016』より
  • 『JKT48 4th Anniversary Count Down Festival 2016』より

オリコントピックス