• ホーム
  • 音楽
  • オペラ歌手・鈴木慶江、大空で「威風堂々」歌い初め 新春スカイダイビング

オペラ歌手・鈴木慶江、大空で「威風堂々」歌い初め 新春スカイダイビング

 2002年に『NHK紅白歌合戦』に出場したオペラ歌手・鈴木慶江(のりえ)が自身の誕生日でもある1日朝、栃木市でスカイダイビングに挑戦し、大空でクラシックの名曲「威風堂々」をアカペラで歌った。

【写真】その他の写真を見る


 メジャーデビュー15周年を迎える鈴木は、今年にかける意気込みを表すため、大空への歌い初めに挑戦。事前講習を受講後、午前9時半、セスナで地上4000メートルまで上昇し、インストラクターとともに大空へダイブ。しばらくすると、大空から悠々と「威風堂々」を歌う鈴木の歌声が響き渡った。

 無事に着地すると、鈴木は「楽しかった!」と大興奮。「飛び降りる瞬間までは怖くて仕方がなかった。でも大空に飛び出した瞬間、息ができないような風圧の中でも体の奥底から喜びがあふれてきた」といい、「パラシュートが開いてからは、大空に支えられながらピンと直立しているような感覚に襲われ『威風堂々』の旋律を自分でも思いがけないほど力強く滑らかに歌えている自分がいた」と初体験を振り返った。

 今回歌った「威風堂々」は、1日から配信開始(iTunes Storeのみ6日から)。バイオリニスト・葉加瀬太郎の新レーベル・HATS移籍第1弾アルバム『The 15th Anniversary「OPERATIC FANTASY」〜Norie Suzuki Best Selection〜』(3月2日発売)に収録される。

■鈴木慶江1月1日スカイダイビング・ドキュメント映像
https://www.youtube.com/watch?v=hAxl7xK-u5c



関連写真

  • 元日に栃木上空で歌い初めしたオペラ歌手・鈴木慶江
  • 高度4000メートルからスカイダイビングに挑戦
  • 自身の誕生日の1月1日にスカイダイビングに挑戦し「威風堂々」を歌った鈴木慶江
  • 自身の誕生日の1月1日にスカイダイビングに挑戦し「威風堂々」を歌った鈴木慶江
  • 3月に移籍第1弾のアルバムを発売する鈴木慶江
タグ

オリコントピックス