青学V2箱根駅伝、往路28.0%&復路27.8%の高視聴率

 青山学院大学の2大会連続優勝で幕を閉じた年始恒例の日本テレビ『第92回箱根駅伝』の平均視聴率が4日、ビデオリサーチから発表され、2日の往路は28.0%(前7:50〜後2:05)、3日の復路は27.8%(前7:50〜後2:18)を記録したことがわかった(関東地区)。

 往路瞬間最高視聴率は、5区で1位の青学大の神野選手が17.5キロ辺りを快走している瞬間で35.1%を記録。復路瞬間最高視聴率は、9時3分に小田原中継所で東洋大学・口町選手から櫻岡選手へたすきをつなぐ場面や、9時25分に7区で1位の青学大・小椋選手が9.1キロ辺りを快走する瞬間など、9時台で4回記録した33.8%。

 前年と比べて、往路は0.2%、復路は0.5%の減少となった。

 青学大は、往路1区から復路10区まで1位でつなぎ大会史上39年ぶりの完全優勝。2位の東洋大に7分11秒差をつけて2大会連続優勝を飾った。



オリコントピックス