• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白】視聴率 関東で後半39.2% ワースト記録更新

【紅白】視聴率 関東で後半39.2% ワースト記録更新

 昨年大みそかの『第66回NHK紅白歌合戦』の平均世帯視聴率が2日、ビデオリサーチより発表され、関東地区では前半(後7:15〜8:55)が34.8%(前回35.1%)、後半(後9:00〜11:45)が39.2%(前回42.2%)だったことがわかった。後半は『第55回』の39.3%を下回り、2部制になった1989年以降、歴代最低となった。関西地区では前半36.8%(前回36.8%)、後半43.0%(前回43.3%)だった。

 司会は紅組が2013年以来2年ぶり2回目の綾瀬はるか、白組はV6井ノ原快彦が初めて担当。総合司会は4年連続となる有働由美子アナウンサー、そして、これまで通算5回紅組司会を担当した黒柳徹子が務めた。

 「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」をテーマに、52組の出場歌手がステージを披露。トップバッターは白組・郷ひろみ、紅組・大原櫻子が務め、白組トリはデビュー35周年の近藤真彦「ギンギラギンにさりげなく」、大トリは紅組・松田聖子が「赤いスイートピー」を歌い上げた。AKB48のステージでは、3月にグループからの卒業を控える高橋みなみへのはなむけに、“OG”の前田敦子と大島優子が登場するサプライズもあった。対戦結果は紅組が4年ぶりに勝利し、綾瀬が歓喜に泣く場面も。対戦成績は紅組30勝、白組36勝となった。

 企画コーナーでは、小林幸子が“ラスボス”として4年ぶりの紅白に降臨。ニコニコ動画とコラボレーションした巨大衣装で「千本桜」を熱唱した。戦後70年企画では女優・吉永小百合による平和へのメッセージの朗読に続いて、MISIAが長崎の平和記念公園から平和への祈り込めて歌い上げた。東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」のコーナーでは、審査員を務めたフィギュアスケートの羽生結弦選手も参加して盛り上げた。

 人気アニメの主題歌を出場歌手が歌う「アニメ紅白」や、ディズニー・キャラクターとのコラボステージ、と映画『スター・ウォーズ』との共演など、紅白でしか見られない老若男女に向けた演出が繰り広げられ、とにかく明るい安村やピスタチオら昨年ブレイクしたお笑い芸人、連続テレビ小説『あさが来た』の出演者などの多彩なゲストも駆けつけて、4時間半の生放送(ニュース中断含む)を行った。

 副音声ではバナナマンと久保田祐佳アナウンサーによる「ウラトーク」を2年連続で放送。ウラトーク席をインターネットで配信する試みも行われ、日村勇紀が踊ったり、久保田アナが歌ったり、西川貴教がゲスト出演したり、かなり自由な言動でネットをざわつかせていた。

▽最近の世帯視聴率(関東地区)
『第65回』紅組:吉高由里子/白組:嵐 前半35.1%、後半42.2%
『第64回』紅組:綾瀬はるか/白組:嵐 前半36.9%、後半44.5%
『第63回』紅組:堀北真希/白組:嵐 前半33.2%、後半42.5%

★☆★『第66回 NHK紅白歌合戦』関連記事★☆★

出場歌手&歌唱順昨年の紅白を振り返る紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー・特集】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス