• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白】白組敗北で井ノ原おろおろ「みんなに責められる」

【紅白】白組敗北で井ノ原おろおろ「みんなに責められる」

■『第66回NHK紅白歌合戦』(31日、NHKホール)
 紅組の4年ぶり勝利が決まり、綾瀬はるかが涙ながらに喜ぶ一方、白組初司会の井ノ原快彦はおろおろしながら「中居さんからマッチ(近藤真彦)さんからみんなに責められるんですけど。俺のせいみたいになっちゃってる」とうろたえた。

 これには中居正広SMAPメンバーも指をさして大笑い。中立のはずの総合司会・黒柳徹子も「総合の立場ですけど、紅が勝ってくれてうれしい」と声を弾ませた。

 最後は自虐気味に笑いを誘った井ノ原だが、黒柳はトリ対決前に「生放送に慣れていらっしゃるとは言え、穏やかで優しくて、司会者に向いていると思います」とその司会ぶりを絶賛。

 V6リーダーの坂本昌行も「ずっと観てましたけど、初司会とは思えないほどの安定感。すごいね」と感心しきりだった。

 対戦成績は紅組30勝、白組36勝となった。

 

★☆★『第66回 NHK紅白歌合戦』関連記事★☆★

出場歌手&歌唱順昨年の紅白を振り返る紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー・特集】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス