• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白】三山ひろし、涙の初出場 祖母を前に熱唱

【紅白】三山ひろし、涙の初出場 祖母を前に熱唱

■『第66回紅白歌合戦』(31日、東京・渋谷 NHKホール)
 初出場の演歌歌手・三山ひろし(35)。デビューのきっかけをくれた祖母を前に念願の夢舞台に立ち、涙ながらに「お岩木山」を歌い上げた。

 デビューは、祖母が内緒で『NHKのど自慢』にエントリーを送ったことがきっかけだった。会場には、祖母も駆けつけ「本人があとずさりしていたので、背中を押したんです」と振り返りながら「頑張って!」とエール。三山は「ありがとうございます」と目頭を熱くさせ、歌い終えると万雷の拍手を浴びた。

 29日の初日リハーサルでは「夢にまで見た紅白のステージ。緊張すると思うがしっかり歌唱して、応援して下さった方々への恩返しがしたい」と話し、「故郷の高知を出て、上京してから涙もろくなった。客席の家族を見て泣かないようにしたい。一流の歌手になるということは、紅白に出るということ。僕が紅白に出るまで死ねないと言っていた祖母の夢をかなえることができてうれしい」と言葉を噛み締めていた。

 今年は『ザッツ、日本! ザッツ、紅白!』がテーマ。赤組司会は女優の綾瀬はるか、白組司会には人気グループ・V6井ノ原快彦、総合司会には、4年連続となる有働由美子アナウンサー、通算5回紅組司会を担当した黒柳徹子が務める。放送時間は歴代最長タイとなる、午後7時15分から午後11時45分の4時間半(5分間のニュース中断含む)。これまでの対戦成績は紅組29勝、白組36勝。

★☆★『第66回 NHK紅白歌合戦』関連記事★☆★

出場歌手&歌唱順昨年の紅白を振り返る紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー・特集】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




関連写真

  • 紅白歌合戦に初出場した三山ひろし (C)ORICON NewS inc.
  • リハーサルの模様 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス