• ホーム
  • 音楽
  • AKB高橋みなみ『レコ大』逃すも前向き「来年に繋がるステージ」

AKB高橋みなみ『レコ大』逃すも前向き「来年に繋がるステージ」

 アイドルグループ・AKB48高橋みなみ(24)が30日、自身のツイッターを更新。同日行われた『第57回日本レコード大賞』を終えた心境をつづった。

 来年3月28日にグループを卒業し、今回が最後のレコ大となった高橋。この日は島崎遥香(21)のセンター曲「僕たちは戦わない」が、優秀作品賞に選出され、「フライングゲット」(第53回・2011年)「真夏のSounds good!」(第54回・2012年)以来3年ぶり3度目の受賞を狙っていたが、惜しくも大賞を逃した。

 授賞式を終え高橋は「レコード大賞見てくださった皆さんありがとうございました! AKBとして最後のレコ大。大賞は獲れませんでしたが皆んなと一つに団結したパフォーマンスができたのでとても楽しかったです」とつづり「来年のAKBに繋がるステージでした」と前を向いた。

 続けて「Unfair World」を歌う人気グループ・三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが2年連続で2度目のレコード大賞に輝いたことを受け「大賞を受賞された三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの皆さん本当におめでとうございます!!」と祝福し「さぁ明日は2015年最後の日 盛り上がって参りましょう!!」と元気に呼びかけた。

 また、高橋からグループ総監督を引き継いだ横山由依(23)も自身のツイッターを更新。三代目JSBを祝福するとともに「私が総監督の新AKB48でまたレコード大賞のステージに立たせていただけるように頑張るので応援よろしくお願いします!!」と気を引き締めた。



オリコントピックス