• ホーム
  • 芸能
  • TBS林みなほアナが女優デビュー「驚きの連続です」

TBS林みなほアナが女優デビュー「驚きの連続です」

 TBSの林みなほアナウンサー(25)が、俳優・ムロツヨシ(39)が主演するTBS系新ドラマ『悪党たちは千里を走る』(1月20日スタート 毎週水曜 後11:53)で女優デビューすることが30日、わかった。林アナは「初めての女優体験は、未経験のことばかりで驚きの連続です。カメラが自分を撮っている位置にあわせて立って演技することからして難しかったです」と撮影を振り返っている。

【写真】その他の写真を見る


 同作は作家・貫井徳郎氏の同名小説が原作。ムロ演じる主人公が制作会社のディレクターを辞め、さらに1000万円の借金を背負ってしまうところから物語はスタート。ひょんなことから、謎の天才犯罪者によって誘拐事件の“犯人”に仕立てあげられてしまうも、黒幕の指示に従いながら、その正体に迫っていく新感覚のユーモラスサスペンスとなる。

 ドラマでは、ムロが演じるディレクター高杉篤郎の元カノで、後輩ADの双子を妊娠中の妻という小悪魔的な役となる林アナ。「演じた中でどれが正解だったのか、どの演技が採用されるのかわからないので、放送を見るのが楽しみです」と期待しつつ、共演のムロについて「数秒でも見せる、引き込む力がすごい唯一無二の存在だと思いました」と絶賛した。

 また、今作では同局の朝の情報番組『はやドキ!』とのコラボ企画として、レギュラーキャスターの中から、スケジュール的に出演可能なメンバー4人の女子アナウンサーがドラマの出演をかけてオーディションに参加。見事勝ち抜いた林アナの起用理由について池田克彦プロデューサーは「個性的な役どころだけに、オーディションで見せた林アナウンサーのインパクトのある演技が目に付いた」と説明している。



関連写真

  • ムロツヨシ主演ドラマ『悪党たちは千里を走る』に出演が決まった林みなほアナウンサー(右) (C)TBS
  • ドラマ『悪党たちは千里を走る』劇中カット(C)TBS

オリコントピックス