• ホーム
  • 芸能
  • 声優の白石稔、顔面まひ告白「右半分が動きません」

声優の白石稔、顔面まひ告白「右半分が動きません」

 新劇場版アニメ『頭文字D』、テレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』などに出演している、声優の白石稔が29日、自身のブログを更新。顔面神経まひを患っていることを告白し、「顔の右半分が全く動きません」と明かしている。

 「言うか言わないか迷ったのですが」という白石だが「映像などでご覧頂く事も考えると、これはちゃんと発表するべきだと思いご報告致しました」と説明。「驚くほどに動かないので、明らかに違和感がありますが、とはいえ本人はとても元気です!!」と明かした。

 現在は「病院で診察し、処方箋を出して頂き、治療中です」とつづり「顔の右半分が動かない事以外は、これまでと何も変わりません」と報告。さらに「表情の力は半分になってしまいましたが、その分、芝居とトークは2倍くらいのパワーでやって行きたい所存です」と前を向き「色々ご迷惑、ご心配をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します」と呼びかけた。

 白石はアニメ、ゲーム声優の活動のほかラジオにも出演。さらにアニソンDJとして『アニLOVEっ!!』などで活躍している。



オリコントピックス