• ホーム
  • 芸能
  • 【紅白リハ】伍代夏子、夫・杉良太郎の現状明かす「おとなしく療養してます」

【紅白リハ】伍代夏子、夫・杉良太郎の現状明かす「おとなしく療養してます」

■『第66回紅白歌合戦』リハーサル初日(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 22回目の出場となる演歌歌手の伍代夏子が、心臓からの血流が悪くなる大動脈弁狭窄(きょうさく)症を患い、15日に大動脈弁の置換手術を受けた夫の杉良太郎(71)の病状について「大丈夫です。今おとなしく療養しています」と明かした。

 伍代は、杉が弁膜症を患っていたことは前から知っていたといい「8月末に心不全を起こして入院した」と説明。「『下町ロケット』(の撮影)が入っていたので、最終話を撮り終えてからすぐに病院に入りました」と語り、「もう弁を取り替えたので、血液の循環は良いです。より元気な杉さんが見られると思います」と夫に代わって復活を誓っていた。

 今年は『ザッツ、日本! ザッツ、紅白!』がテーマ。紅組トップバッターは初出場の大原櫻子で「瞳」、白組は28回出場の郷ひろみで「2億4千万の瞳-エキゾッチク・ジャパン-」。トリは白組が10回の出場となる近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」、紅組は19回出場の松田聖子「赤いスイートピー」が大トリを飾る。

 赤組司会は女優の綾瀬はるか、白組司会には人気グループ・V6井ノ原快彦、総合司会には、4年連続となる有働由美子アナウンサー、通算5回紅組司会を担当した黒柳徹子が務める。放送時間は歴代最長タイとなる、午後7時15分から午後11時45分の4時間半(5分間のニュース中断含む)。これまでの対戦成績は紅組29勝、白組36勝。

★☆★『第66回 NHK紅白歌合戦』関連記事☆☆★

出場歌手&歌唱順昨年の紅白を振り返る紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー・特集】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




関連写真

  • 夫・杉良太郎の様子を明かした伍代夏子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『第66回紅白歌合戦』リハーサル初日を迎える (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス