• ホーム
  • 音楽
  • 【紅白リハ】スタート 3年連続Sexy Zoneが一番手 五輪カラーの衣装で登場

【紅白リハ】スタート 3年連続Sexy Zoneが一番手 五輪カラーの衣装で登場

■『第66回紅白歌合戦』リハーサル初日(29日、東京・渋谷 NHKホール)
 大みそかに放送される『第66回NHK紅白歌合戦』のリハーサルがスタート。先陣を切って、3年連続出場で白組のSexy Zoneが午前9時に登場した。

 2020年東京五輪・パラリンピックをイメージさせる5色の衣装で登場したSexy Zoneは「ニッポン Cha-Cha-Cha チャンピオン」を歌唱。バックダンサーを務めるジャニーズJr.と息の合ったパフォーマンスを披露して、長丁場となるリハーサルのスタートを切った。

 Sexy Zoneの後は、初出場の大原櫻子、アイドルグループ・乃木坂46のほか、演歌歌手の三山ひろし関ジャニ∞天童よしみTOKIOらがリハを行い、午後は細川たかしV6PerfumeEXILE近藤真彦AKB48など、初日だけで40組以上のアーティストが音合わせなどをする。

 今年は『ザッツ、日本! ザッツ、紅白!』がテーマ。紅組トップバッターは初出場の大原櫻子で「瞳」、白組は28回出場の郷ひろみで「2億4千万の瞳-エキゾッチク・ジャパン-」。トリは白組が10回の出場となる近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」、紅組は19回出場の松田聖子「赤いスイートピー」が大トリを飾る。

 赤組司会は女優の綾瀬はるか、白組司会には人気グループ・V6の井ノ原快彦、総合司会には、4年連続となる有働由美子アナウンサー、通算5回紅組司会を担当した黒柳徹子が務める。放送時間は歴代最長タイとなる、午後7時15分から午後11時45分の4時間半(5分間のニュース中断含む)。これまでの対戦成績は紅組29勝、白組36勝。

★☆★『第66回 NHK紅白歌合戦』関連記事☆☆★

出場歌手&歌唱順昨年の紅白を振り返る紅白関連ニュース一覧

【フォトギャラリー・特集】リハーサルの模様出場者発表会見で初参加組が意気込み!




オリコントピックス