• ホーム
  • 音楽
  • 氷川きよし、『レコ大』でワイヤーアクション披露

氷川きよし、『レコ大』でワイヤーアクション披露

 歌手の氷川きよしが、30日にTBS系で生放送される『第57回 輝く!日本レコード大賞』(後5:30〜)で、優秀作品賞を受賞した「愛しのテキーロ」の歌唱中にワイヤーアクションを披露することが28日、わかった。

 同日、会場となる東京・初台の新国立劇場でリハーサルに臨んだ氷川。羽根を広げて舞い上がり、ステージから高さ約8メートル高さで宙吊り状態になる演出プランに「えっ!? なんで!? この曲で!?と、思いました。高いところは苦手なのですが、きょうのリハーサルで初めて舞台と背景の映像を見て、自分の想像以上の素晴らしい演出をしていただいたことがわかり、感激しています。『愛しのテキーロ』の歌の主人公の思いを込めて、歌の主人公になりきって歌えそうです」とコメントしていた。

 2000年のデビュー以来、『日本レコード大賞』で毎年何らかの賞を受賞している氷川。00年に最優秀新人賞を受賞、翌01年からは(レコード大賞の候補となる)金賞、(07年からは)優秀作品賞を毎年受賞している。03年には「白雲の城」で最優秀歌唱賞を、06年には「一剣」で日本レコード大賞を受賞している。

 総合演出の伊藤雄介氏は「氷川さんから『愛しのテキーロ』は、『理性ではとうてい抑えられない、情熱的な愛を表現している』と伺ったとき、情熱に身を駆られた氷川さんが、翼を得てどこまでも飛んでいく姿が目に浮かび、『実際に宙に浮いてもらったらどうだろう?』と思い、ワイヤーアクションをお願いました」と経緯を説明。「今回はLEDをふんだんに使ったセットでもあるので、背景にある映像効果ともあわせて、今までにない新しい氷川さんの姿をお見せできるのではないか、と思います」と自信をのぞかせた。

 万が一の事態に備え、入念に準備・リハーサルを行った氷川は、生放送当日の“大技”に向けて「この『レコード大賞』で、今年1年応援してくださったファンの皆さん、僕の歌を聴いて下さった多くの方々に、ご恩返しをさせていただくステージをお見せしたいです」と意気込みを語っていた。

■氷川きよし『レコード大賞』受賞歴
2000年12月:最優秀新人賞を受賞(歌唱楽曲は「箱根八里の半次郎」)
2001年12月:「大井追っかけ音次郎」で、金賞を受賞
2002年12月:「きよしのズンドコ節」で、金賞を受賞
2003年12月:「白雲の城」で、金賞を受賞、最優秀歌唱賞を受賞(※当時の最優秀歌唱賞は、金賞受賞アーティストの中から当日決定し、発表した)
2004年12月:「番場の忠太郎」で、金賞を受賞
2005年12月:「初恋列車」で、金賞を受賞
2006年12月:「一剣」で、金賞を受賞、日本レコード大賞を受賞
2007年12月:「きよしのソーラン節」で、金賞を受賞
2008年12月:「玄海船歌」で、優秀作品賞を受賞
2009年12月:「ときめきのルンバ」で、優秀作品賞を受賞
2010年12月:「虹色のバイヨン」で、優秀作品賞を受賞
2011年12月:「情熱のマリアッチ」で、優秀作品賞を受賞
2012年12月:「櫻」で、最優秀作品賞を受賞
2013年12月:「満天の瞳(ほし)」で、最優秀作品賞を受賞
2014年12月:「ちょいときまぐれ渡り鳥」で、優秀作品賞を受賞
2015年12月:「愛しのテキーロ」で、優秀作品賞受賞を受賞



関連写真

  • 12月30日放送、TBS系『第57回 輝く!日本レコード大賞』で優秀作品賞受賞曲「愛しのテキーロ」でワイヤーアクション披露する氷川きよし。写真は12月28日のリハーサルの模様(C)TBS
  • 羽根を広げて舞い上がり、ステージから高さ約8メートル高さで宙吊り状態に(C)TBS

オリコントピックス